Loading

窓の種類と取り付け位置による違いとは

家にとって窓は非常に重要な役割を担っており、無くてはならない存在です。そして窓にも多くの種類が存在し、それぞれに役割や特徴も違っています。そんな窓の種類や取り付け位置による特徴についてご紹介いたします。 

窓の種類はたくさんある

窓といってもその種類は様々です。大きさも違えば役割も違い、取り付ける場所も違ってきます。
まずは代表的な窓の種類をご紹介します。

・縦すべり窓
・横すべり窓
・引違い窓
・ルーバー窓
・上げ下げ窓
・天窓

代表的なものだけでもこれらの種類が挙げられます。縦すべり窓はドアのように開ける窓で、気密性も高く何よりも通風性が高いのが特徴です。開けた窓ガラスの部分が風をキャッチして室内に送り込んでくれるので、引違い窓と比べるとその通風量は約10倍にもなると言われています。そんな縦すべり窓を横向きにしたものが横すべり窓となります。横長の窓を上向きに開けるタイプの窓です。横すべり窓も気密性が高く、窓の角度を自由に調節できるため少しだけ開けて風を入れたいときなどに便利です。
引違い窓は説明不要な日本で最も一般的な窓の種類となります。2枚並んだ窓を左右にスライドさせて開閉する窓です。日本の住宅であれば必ずあるのではないでしょうか。しかしこの窓の弱点は気密性が低いことだと言えるでしょう。
ルーバー窓や上げ下げ窓は気密性の低さや通風性の低さから最近ではあまり使われることが少なくなりました。天窓は主に明かりとりとして設置する家が多いですが、開閉できるタイプのものもあるので空気の入れ替えも可能となります。 

窓の取り付け位置で効果も変わる

窓には取り付ける位置でも効果が変わってくることがあります。その一つとして窓は北側につけることで効率的に空気の入れ替えが可能となります。日本の夏場は南から風が吹くことが多いのですが、南に窓をつけるだけではなく北側にも窓をつけることにより風の出口ができ、家の中を風が通り抜ける仕組みができあがります。注意点としては、北側からは日光があまり入ってこないので大きすぎる窓にしないことです。北側に大きな窓があると室内の熱が逃げてしまうので注意が必要です。 

まとめ

普段何気なく使っている窓ですが、様々な種類が存在しそれぞれに効果があるのです。注文住宅を建てる予定があるなら、まずは今住んでいる家の窓の種類や何故その窓がその場所についているかの意味を考えてみると勉強になると思います。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 広いデッキを最大限活用した楽しみ方とは?

  2. 金利が変動金利よりも低い当初固定金利の住宅ローンの落とし穴

  3. ハウスメーカーと建築家、住宅にどんな違いがあるの?

  4. 木造住宅の構法とそれぞれで違う安全性の仕組みとは

  5. 住宅ローンの有利な借り換えが簡単に選択できるスマホアプリ

  6. 金融機関が重視する年収・年齢を知ると住宅ローン審査に通りやすい?

  7. 建築家に頼むと奇抜な建物にされないの?

  8. 斬新な形状の家を建てるなら知っておきたい、構造設計一級建築士の存在

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP