Loading

住宅に使われる木材の種類とそれぞれの特徴

木造住宅には多くの木材が使われていますが、その種類も様々です。それぞれに特徴があるので用途によって使い分けられるのがベストですが、実際にどのような種類の木材が建築材料や家具として使われているのかをご紹介したいと思います。 

構造材に向いている木材

多くの木材の中でも柱や梁といった構造材に向いているのは耐久性に優れた木材です。代表的なのが檜(ヒノキ)で、伐採後から強度が増していき100年保つと言われています。光沢のある見た目や香りの良さでも有名な木材です。他にも乾湿の変化に強い桧葉(ヒバ)や、大黒柱として多く使われている欅(ケヤキ)なども強度としては申し分なく、構造材に適した木材であるといえます。 

内装材や家具などに向いている木材

一方内装材や家具に向いている木材は、強度よりも見た目の良さや加工のし易さに特徴がある木材となります。まず一般的に内装材として多く使われているのが杉(スギ)です。柔らかくて軽い材質で細かい加工にも向いています。木肌も美しく価格も安価で、柔らかい分少し傷はつきやすいですがそれも「味」として楽しめるような魅力のある木材です。
木製家具の材料としてよく使われるのは、サクラやブナといった木材。サクラは硬い材質ではありますが、手入れをちゃんとしていれば光沢も出て非常に綺麗な木材として人気があります。ブナは北欧でよく使われている木材で、シンプルで淡いピンクがかったホワイトカラーが特徴的な木材となります。見た目のクセが少ない分日本でも多くの人に好まれ、北欧気分を味わうこともできるでしょう。 

まとめ

木材にはそれぞれ特徴があり、その特徴によって役割も変わってきます。見た目も良くて強度もある檜のような万能型の木材もありますが、適材適所で使い分けることも大切なことです。構造材は見た目よりも強度的な部分が重要となりますが、家具などは完全に自分の好みで選ぶと良いでしょう。木は使い込むほどに味が出てくるので、気に入ったものを長く使うことが木の本当の良さを引き出すことにもつながるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 職人泣かせな2×4住宅の現実とは

  2. 北向きの暗いトイレにはトップライトを設置しよう

  3. クローズドキッチンのメリットと特徴

  4. 地震にあったら住宅ローンはどうなる?地震保険への加入で大丈夫?

  5. 住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと思っていませんか?

  6. 老後の不安を解決!リバースモーゲージは住宅ローンの完済も可能

  7. 住宅ローン繰り上げ返済の期間短縮型と返済額軽減型の損得比較

  8. 生前贈与で贈与税対策と住宅ローン控除を併用するときの注意点

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP