Loading

高級な総檜住宅が人気を集める理由とは

一般的な住宅とは一線を画する住宅として「総檜住宅」という家があります。その名の通りすべての木材に檜を使用している家のことですが、さすがに高級なのでなかなかお目にかかる機会は多くありません。しかし金銭的に余裕のある一部の人たちからは絶対的な人気を集めているのも確かです。高価なのに人気を集める総檜住宅の魅力とはどういったところにあるのでしょうか。 

住宅で木材が使われる場所は意外と多い

木造住宅で木材が多く使われることは当然ですが、どこに使われているのかを改めて考えてみると意外と多いものです。近年主流の洋風な家にするのか、昔ながらの和風の家にするのかでも使われる量は変わってきますが、総檜住宅の場合の多くは和風の家となります。和風デザインで家を建てる場合に木材が使われる場所は、柱、梁、母屋、土台、大引き、根太、床材(フローリング等)、壁材、天井材、建具、浴室の内装などになります。洋風の家では壁材や天井材はクロスが使われることが多いので、この辺は和風ならではだといえるでしょう。 

総檜住宅の特徴と人気の理由

構造材以外でも意外と多くの場所で使われている木材ですが、これらすべてに檜を使った住宅が総檜住宅となります。総檜住宅の何が人気なのかというと、まず香りが良くリラックス効果が期待でき、シロアリなどの害にも強い木材であることが一つ。そして水や湿気にも強く耐久性が高いことも特徴です。内装材など化粧材で使われても硬さがあるため傷がつきにくいのも大きな特徴だといえます。しかし耐久性などのメリットよりも、檜という木のその美しさや香りの良さに大きな魅力を感じて総檜住宅を選択する人が多いのが現実でしょう。 

まとめ

高級ですがそれだけの価値があるのが総檜住宅だと思います。筆者も大工時代に総檜住宅の建築に携わったことがありますが、施工期間中ずっと檜の良い香りが家中に漂っていたのをよく覚えています。一般的には贅沢な家かもしれませんが、特別に素敵な家であることに疑いの余地はありません。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 建売住宅と注文住宅の施工品質面での違いとは

  2. 有効活用されるロフトを作るために知っておくべきこと

  3. 階段の広さと距離

  4. イチローの家も、住友林業? 〜木造軸組工法の強みとは何か

  5. 駐車場から玄関への動線は意外と重要

  6. 猫と住むのに最適な住宅デザインの工夫とは

  7. 新建材や新工法には慎重な判断を

  8. 和室づくりに学ぶ4つの様式

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP