Loading

リフォームで2重窓にしてみよう!!

冬になると部屋の中にいてもとても寒く感じることがあります。これは住宅の断熱性能が足りないからだと言えます。冬の暖房時に部屋から熱が流出する割合が最も高いのが開口部です。冬に流出する熱の割合の、実に52%が窓から流出しています。そのため開口部を2重窓にすると熱の流出を大幅に削減できます。内窓を付けると、既存の窓との間に空気層ができるので、断熱性能が高まるのです。

集合住宅の窓などの外部に面している部材は共用部分になるので勝手にリフォームすることは出来ません。しかし、窓の内側に「内窓」を付けて2重窓にするのは、専有部分のリフォームになりますから、個人の判断でリフォームできます。

内窓を付けた時の効果

①断熱・遮熱効果が高まる
②結露軽減
③防音効果

リフォームに適している内窓商品が各サッシメーカーから出ていて、施工も1窓あたり1時間程度。家全体に内窓を取り付けても、1日で工事が終わるので手軽なリフォームといえます。

素材は断熱素材である樹脂製や強化木材のものがあります。アルミサッシだと外の暑さや寒さを伝えてしまいます。しかし樹脂はアルミに比べると熱伝導率が千分の1程度ですので、サッシを樹脂製にするだけで熱が伝わりにくなります。内窓ですからアルミほどの強度も必要ないですので、樹脂製や強化木材製が良いと言えます。

お風呂場やリビングの断熱性能を高めるには、内窓を追加するのが効果的です。和室には和紙調シートをガラスに貼り付けた、障子のデザインのものもあります。デザインもすっきりした感じになっていますから、古い窓の内側に取り付けると、部屋のデザインも良くなり、快適にもなるので、とても良い商品だと思います。

リクシルからは樹脂製の「インプラス」と強化木材製の「インプラスウッド」、YKKAPからは「エコ内窓プラマードU」という商品が出ています。冬に向けて、内窓リフォームはいかがでしょうか?

参照元:
リクシル インプラス http://www.lixil.co.jp/lineup/window/inplus/
YKKAP エコ内窓「プラマードU」https://www.ykkap.co.jp/products/reform/plamadou/
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 人気の高い疾病保障付住宅ローンの注意点

  2. 中古住宅の住宅ローンは期間や諸費用などは新築住宅と異なる?

  3. 階段リフォームの工夫【勾配の見直し編】

  4. 住宅ローン繰り上げ返済の期間短縮型と返済額軽減型の損得比較

  5. リフォームの業者選びのコツ

  6. リフォーム工事完了時の注意点

  7. 寝室と昼光色

  8. 8割が「寒い場所がある」と答えた住まいの家庭内寒暖格差

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP