Loading

「オーニング」で暑さ対策をしよう!!

夏の日差しはとても暑いですよね。特に西陽が差す窓はとても暑く感じます。夏場に室内に入ってくる熱の約70%は「窓から入ってくる」という事をご存知でしょうか? もしこれを知っているならば、窓に何らかの暑さ対策をするのが効率的であるとすぐに納得できるでしょう。確かに部屋の中にもカーテンやブラインドがあったりしますが、これでは室内まで日差しが入ってきてしまいますよね。効果的なのは、窓の外側で日差しをカットすることです。このための商品のひとつが「オーニング」です。

オーニングとは?

オーニング(Awning)という言葉の由来は、英語で直訳すると「日よけ」「雨よけ」という意味です。日本では、建物の外側に設置して、日差しを調節したり、雨をよけたりする機能をもつ可動式テントをオーニングと呼んでいます。電動、手動、電動手動兼用タイプがあり、電動の場合は手元操作ができるリモコンスイッチや、風や光の強さにあわせて自動的に動かすセンサーを設置することもできます。

多くのオーニングは、窓の上の壁に取り付けるタイプで、何らかの工事が必要です。これですと、集合住宅の外壁には付けられないことになってしまいます。集合住宅の外壁は「共用部」という扱いですから、個人の都合で工事を加える事は出来無いのが一般的です。

集合住宅でも取り付けられる商品がある

しかし、集合住宅の窓にも付けられるようにと、アルミサッシに挟み込むようにして取り付けるタイプの商品があります。これですと外壁を傷つけずに取り付けられるので便利です。集合住宅のベランダに、無造作にすだれをかけている家を見かけます。デザインが良いとは言えないですよね。しかし、オーニングでしたらデザインもおしゃれですので、街並みを壊すことなく暑さ対策ができますので、とても良い選択だと思います。

夏場に日差しが暑いなと感じたら、窓の外で日差しを遮る「オーニング」をお勧めします。

参照元:
日本オーニング協会 http://www.awning-j.com/
リクシル スタイルシェード  http://www.lixil.co.jp/lineup/window/styleshade/

執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 建築家の設計は意匠、機能的に優れている?

  2. 階段リフォームの工夫【滑りにくい素材編】

  3. 駐車場スペースを作るときに注意するべきこと

  4. 建築家との家づくりでコスト増にしない注意点

  5. 鉄筋コンクリート造や鉄骨造が得意な建築士とその特徴

  6. 高齢者に配慮した住まい(バスルーム編)

  7. 手抜き工事にならないために施主が現場見学でやるべき意外と一番大切なこと

  8. 有名建築家に住宅設計を依頼する方法は?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP