Loading

水栓金具にこだわってみよう!!

システムキッチンを選ぶ際には、水栓金具も決める必要があります。標準的なシステムキッチンの場合はシングルレバー水栓が付いている場合が多いようです。しかし現在は水栓金具も随分と進化しています。少しグレードの高いモノも検討してみましょう。

手を使わずに水が出る「ハンズフリー水栓」

新しい商業施設やオフィスのトイレの水栓金具は、蛇口の下に手をかざすと水が出てきますね。これと同じように、センサーで水を出したり止めたりする機能のついた、ハンズフリー水栓は大変便利です。例えばハンバーグの肉をこねた後に、手を洗いたいなと思った時に、汚れた手で蛇口を触る必要がありません。手を洗い終わった後は、手を遠ざけると自動で止まってくれるので、節水にもなります。

しかし、センサーが付いている水栓金具はやはり高価なもの。しかしシングルレバー水栓でも、レバー部分を上げれば水が出ますから、指先が汚れていても汚れの付いていない手の甲などでレバーを押し上げれば水を出せますから便利です。

昔の水栓金具は、レバーを下げれば水が出るタイプ(下げ吐水)もあったのですが、現在はレバーを上げれば水が出るタイプに統一されています。その理由は、レバーを下げれば水が出るタイプだと、地震などで上から物が落ちてきて、レバーに当たってしまって勝手に水が出てしまうような状態を防ぐためです。もし現在の水栓金具が古いタイプのものであれば、水栓金具だけを変えることも出来ますから、このようなリフォームもお勧めです。

浄水器専用水栓も付けよう

水栓本体に浄水器が付けられるタイプもありますが、私はあまりお勧めしません。理由は、水栓金具自体が太くなってしまうことと、浄水器のカートリッジの交換のタイミングが早いからです。浄水器用に別に水栓金具があると、水道水と浄水とを間違うこともなく、カートリッジの交換も1年に1回程度で済みます。もし新しいシステムキッチンを選ぶならば、金額は上がってしまいますが、お皿を洗う水栓金具と、浄水専用の水栓金具と2つ付けることをお勧めします。

写真参照元
リクシル:http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/

執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 小さく暮らすがちょうどいい。減築という選択肢

  2. 住宅ローンの借り過ぎに注意、ローン返済が負担だと感じる人の割合は約7割!

  3. 住宅ローンの審査が不安、複数の銀行に審査依頼する問題点?

  4. 風通しの良い家をつくるための工夫について

  5. 住宅ローンのフラット35が子育て世代に優遇策、その内容は?

  6. 住宅ローン控除中の繰上返済はした方良いの、しない方が良いの?

  7. オーダーキッチンをローコストでつくるには

  8. スマートハウスのデメリットとは?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP