Loading

防音・吸音材料について

住宅の防音性能は暮らしやすさと直結するので気になる部分です。特に集合住宅で暮らしている人は、隣近所の生活音が気になったり、あるいは自分の子供が部屋で走り回ったりする音が、他の住人の方に迷惑をかけていないかと気になったりするでしょう。

吸音とは

住宅の音を軽減する方法は、吸音材料や遮音材料を使う事になります。吸音とは音のエネルギーの一部を吸収し、他のエネルギーに変換させて音の強さをやわらげる材料です。例えば多孔質材料であるグラスウールやロックウール、有孔板材料である吸音石膏ボード等を使用することになります。オフィスなどの天井を見上げると、トラバーチン(虫食い)模様や植物の模様を型押しして、小さな穴を開けている天井板をよく見かけると思います。これが吸音版です。

遮音とは

遮音とは、音が一方から他方へ伝達するのを、障害物を設けて遮る事を言います。そのため遮音力は、材料の単位面積あたりの質量が大きく緻密なものほど大きくなります。材料としては、コンクリート、鉛シート、特殊塩ビや特殊合成ゴムで組成された遮音シート等を使います。

遮音フローリング

集合住宅の床では、遮音フローリングが使われます。フローリングの裏に遮音シートやクッション材を裏打ちしたものです。上を歩いた時に少しフワフワとしていて少し沈む感じのある床なのですぐにわかります。 性能をL値で表し、数字が小さいほど高性能の材料となります。集合住宅ではL-45等級の遮音フローリングが使われているのをよく見かけます。

■日本建築学会における適用等級と対応するL等級

適用等級 特級 1級 2級 3級
遮音性能の水準 遮音性能上、特にすぐれている 遮音性能上、すぐれている 遮音性能上、標準的である 遮音性能上、やや劣る
性能水準の説明 特に高い性能が要求された場合の性能水準 建築学会が推奨する好ましい性能水準 一般的な性能水準 やむを得ない場合に許容される性能水準
対応するL等級 LL-40 LL-45 LL-50、LL-55 LL-60

吸音や遮音性能のある建材を上手く活用して快適な住居をつくるのがコツです。

写真参照元:
WOOD ONE http://www.woodone.co.jp/product/flooring
大建工業 http://www.daiken.jp/b/index.html
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 暖房に薪ストーブを採用して困ったこと

  2. コンロの数はいくつくらいがいいか

  3. 竣工後は大丈夫?住宅瑕疵保険と住宅の欠陥について

  4. 建築家との家づくりを知りたい。気軽に情報収集する方法は?

  5. 寝室の壁の色~「茶色」のもたらす意味とは

  6. 魚焼きグリルの処遇について

  7. ゼロエネルギーハウスのすすめ

  8. オール電化は光熱費の節約につながる?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP