Loading

建売住宅と注文住宅の施工品質面での違いとは

建売住宅と注文住宅にはどのような違いがあるか、実際のところを理解している人は少ないでしょう。価格面の違いは目に見えてわかるのでわかりやすいですが、施工品質面にどのような違いがあるかは一般の人にはわからない部分です。その隠れた違いについて今回は迫ってみたいと思います。 

建売住宅で誤解されていること

一般的に建売住宅は誤解されていることが多いのが現実です。きちんとした検査がされていないとか、注文住宅と比べ安い材料が使われているなどです。

しかし現実は注文住宅であっても建築会社によってはずさんな管理体制であったり、低価格を売りにしている住宅だと安い材料が使われていることもあります。つまり建売住宅だから危険というわけではなく、建売でも注文でも結局は業者次第な部分が大きいというのが正解でしょう。 

施工品質に違いはあるのか

では施工品質についてはどうでしょうか。表に見えない部分は一般には違いがわからないところです。元大工の筆者の経験からすると、建売住宅と注文住宅の施工品質の違いは確かに存在すると思っています。建売住宅は職人さんの手間賃も安い場合が多く、安いということは少しでも早く仕上げなければいけなくなります。

そうなると、普段であれば気にするところにも目をつむるようになり、どうしても最低限のレベルでの施工となってしまうのです。もちろん明らかな手抜き施工をするわけではありませんし、職人さんによって個人差もあるので一概にはいえませんが、注文住宅と比べると全体的に施工レベルが劣る傾向にあることは事実です。

しかし誤解してはいけないのは、建売住宅だからといって致命的な欠陥があるというわけではないということです。最低限やるべき仕事はされていますし、職人さんによっては注文住宅と変わりない仕事をする人も多く存在します。 

まとめ

「建売住宅だから危険」「注文住宅だから安心」という考え方そのものが非常に危険なものであり、そのような括りで判断することはお勧めできません。それぞれにメリットデメリットは存在するので、実態をしっかりと理解し納得して購入することが何よりも大切なことだといえるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 寝室と収納スペース

  2. 駐車場から玄関への動線は意外と重要

  3. 窓の種類と取り付け位置による違いとは

  4. 住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと思っていませんか?

  5. 外断熱・内断熱のメリットとデメリットとは?

  6. マンションリフォームの注意事項

  7. ペットがいる家庭は特に注意したい床材選び

  8. ペニンシュラキッチンのメリットと特徴

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP