Loading

モデルハウス見学では現実とのギャップを確認する

マイホーム購入の検討を始めると、モデルハウスの展示場に見学に行くことも多いと思います。実際に素敵な家を見ることで夢を膨らませるものですが、モデルハウスにはちょっとした落とし穴も存在します。見学に行った際は一度冷静になって現実的に考えることも必要です。 

モデルハウスは絶妙なグレードで造られている

モデルハウスというものは、見込み客に夢を抱かせるための建物です。「自分たちには無理だ」と思われるほど高級にしてもダメで、「普通過ぎてつまらない」と思われてもダメなのです。

つまり、「この家なら頑張れば自分たちでも建てられるかも!」と現実に建てる家より少しだけグレードの高い絶妙な家がモデルハウスとして建てられているのです。あまりに現実的過ぎると平凡な家になってしまい豪華なモデルハウスを準備している他社にお客様を奪われてしまうのです。 

モデルハウス見学で確認するべきこと

そんなモデルハウスですが、上手に見学することで夢を膨らませつつ実際に自分たちが建てる家の姿も現実的に想像することができます。そのためには見学の際に積極的に質問をして、設置されている設備のグレードはどれくらいのランクのものなのかを確認することが大切です。

自分たちの予算でもモデルハウスに設置されている設備を選択することが可能なのかを確認しながら見学することで、夢と現実のギャップを埋めることにつながります。モデルハウスで高いグレードのものばかりを目にして夢を見るのもいいですが、後で大きく失望しないためにも冷静に現実を見ながら計画を建てられるのが理想です。 

まとめ

住宅の相場勘を養うためにもモデルハウスの見学や完成見学会などには積極的に行ってみることをお勧めします。たくさん見て質問しているうちに最初は気付かなかったことや、業者ごとの違いや特徴もわかってきます。自分が理想としている家と予算とのバランスを考えて、一番それに近い家を建てられる業者を見つけられるといいですね。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 高気密高断熱は本当にスグレモノ? 地域とライフスタイルで工法を選ぶ

  2. 電気スイッチの種類と選び方について

  3. 階段下トイレは「R天井+間接照明」で籠り感を出す

  4. 高齢者と暮らすための部屋づくりとは

  5. キッチンコンロは「週5回」掃除するが3割

  6. ペニンシュラキッチンのメリットと特徴

  7. 小さく暮らすがちょうどいい。減築という選択肢

  8. 基礎パッキン工法のメリットとデメリットについて

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP