Loading

テクノストラクチャーのメリットとデメリット

テクノストラクチャーという建築工法をご存じでしょうか。少し特殊なのであまり知られていない工法ではありますが、パナソニック電工が提供する比較的新しい工法です。今回はこのテクノストラクチャー工法のメリットとデメリットについて詳しく迫ります。 

テクノストラクチャーのメリット

テクノストラクチャーは「テクノビーム」と呼ばれる鉄骨材を木材でサンドイッチした作りの梁を使用することが最大の特長です。その木材も無垢材と比べ1.5倍の強度があるとされている集成材を使用しています。テクノビームは一般的な木材の梁と比べてたわみにくいことから、柱の本数を減らし広い間取りの設計を行うことが可能となります。また、構造計算を行うので地震や台風、積雪などの自然災害への耐久性が高いこともテクノストラクチャー工法を選択するメリットです。 

テクノストラクチャーのデメリット

テクノストラクチャーは外張断熱などのオプションを付けていくと割高感が出てくるのがデメリットとなります。そしてリフォームの際のハードルが高くなるといったデメリットも存在します。テクノストラクチャーの住宅はすべて構造計算されて造られているので、柱の位置を動かすような本格的なリフォームをするには再度構造計算をする必要があります。

そうなるとどこの工務店でもいいということにはならず、最初に施工した工務店に再度依頼するのが一般的です。構造計算にかかる費用も負担しなければならないので、様々な点でリフォームへのハードルが高くなってしまうのがテクノストラクチャーの最大のデメリットだといえるでしょう。 

まとめ

リフォーム時の負担がネックにはなりますが、テクノストラクチャーは検査体制が厳しいことから重大な施工ミスが発生する可能性は極めて低い工法です。施工する工務店の検査に加え外部の検査員によるチェックも入るため二重のチェック体制となります。必ず構造計算をすることから構造上問題のある設計はできないシステムとなっているのも信頼度が高いところです。広い間取りの設計に強く、検査体制が整っているテクノストラクチャーもマイホームの候補として検討してみてはいかがでしょうか。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 本棚で仕切って書斎スペースを確保する

  2. 無垢材住宅のメリットとデメリット

  3. 建築家に設計を依頼して施工不良を無くそう。

  4. 梅雨や花粉の時期でも大丈夫!室内干し環境を整える方法

  5. 長期優良住宅について

  6. 床仕上げ材について

  7. 屋上のある家、メリットとデメリット

  8. 机上で楽しむ1/6サイズの人気モデル

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP