Loading

ツーバイフォー工法のメリットとデメリット

在来工法である「木造軸組構法」とよく比較される工法に「ツーバイフォー工法(2×4工法)」というものがあります。「木造枠組壁構法」とも呼ばれるこの工法は、日本だけでなくアメリカなどの北米を中心に世界的にもメジャーな工法となっています。今回はこのツーバイフォー工法のメリットやデメリットについてご紹介します。 

ツーバイフォー工法のメリット

ツーバイフォー工法のメリットとしてまず挙げられるのが「耐震性」の高さです。木造軸組構法と違いツーバイフォー工法はパネルになった壁を組み立てる工法なので面で支える強さがあります。そして出来上がった壁を組み立てていく工法なだけに施工も早く工期が短いというのも特徴です。木造軸組構法と比べるとその早さは歴然です。

部材の密接度が高いため断熱性にも優れており、冷暖房の効率が良く省エネ効果も期待できます。また、工法がマニュアル化されており高度な技術も必要とされないため、職人の技術差による施工品質の差が出にくいのもメリットでしょう。一定の品質を保ちつつスピード感のある施工が可能なのがツーバイフォー工法の特長です。 

ツーバイフォー工法のデメリット

ツーバイフォー工法にもデメリットは存在します。大きなデメリットとしてはリフォームに制限があることです。壁を枠にすることによって耐震性を高めている工法なので、その壁を貫通させたり取り除くというリフォームは基本的に難しくなります。また、ツーバイフォー工法に対応している工務店も多いとはいえず、工務店選びの幅がある程度限られてしまうということはデメリットといえるでしょう。 

まとめ

木造軸組構法とはまた違ったメリット・デメリットがあるツーバイフォー工法なので、自分の理想とする家が条件とマッチするかをよく考えて選択するといいでしょう。元大工の筆者はどちらの工法も施工経験がありますが、細かい間取りで繊細なこだわったデザインにしたいのであればツーバイフォーは向いていないと思います。デザイン性はある程度で良く、比較的広い間取りの部屋を求めるのであれば耐震性も高いツーバイフォー住宅もお勧めの工法となります。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 防音・吸音材料について

  2. 木製階段の種類とそれぞれの特徴について

  3. 多くの建築会社がプレカットを導入している理由とは

  4. 宅配ボックスについて

  5. 次に買うテントはコレ!膨らませるだけで自立するエアーフレームテントの実力

  6. 都市に建てる住宅、「箱の家シリーズ」とは?

  7. ペット専用扉をつくっていつでも出入り可能にしよう

  8. ノンバンクから住宅ローンを借りる場合のメリット・デメリット

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP