Loading

多目的ルームとして使えるのは、和室だけ

生活が西洋化したことにより、軽んじられることが多くなったのが和室。分譲マンションなどでも、和室がないという間取りも珍しいものではなくなりました。しかし、和室が非常に使い勝手がいいということは、忘れてほしくないもの。洋室ならまずできない、マルチな役割を果たせるのが、和室なのです。

ムリをしてでも間取りに加えたいのが和室

新築の家を考えるときに、最初に悩むのが部屋数について。普通なら「夫婦の寝室と子ども部屋+LDK」といった具合に考えるものでしょう。しかし、子ども部屋の広さを削ってでも造っておきたいのが和室。ムリをしてでも間取りに加えるべきなのが和室なのです。

なぜなら、和室は洋室には不可能な使い方ができるから。洋室はリビング、ダイニング、ベッドルームといった具合に、あらかじめ役割が決まっており、カンタンに目的の変更ができませんが、その変更できてしまうのが和室なのです。

和室なら、一部屋で何役もこなせるもの

和室ならではの長所とは、部屋の役割を固定しなくてもいいところ。テーブルを出せばリビングやダイニング、布団を敷けばベッドルーム、こんなマルチな使い方ができるのは和室ならではです。家族のプライベートスペースを見せることなく、お客さんに対応することもできますし、畳が敷いてありますから、そこで横になってくつろぐこともできます。

にも関わらず、和室を軽視してしまいがちなのが近年の風潮。非常に便利なユーティリティスペースを削ってしまうのはいかがなものか……加えて日本人なら、畳から感じる安らぎや、落ち着きは捨てがたいもののはず。他の部屋を削ってでも、ぜひ加えたいのが和室なのです。

まとめ

実家から両親が泊まりに来たり、子どもの家庭訪問があったり、突然の来客があったり。こんなケースで活躍してくれるのが和室のありがたさ。そして和室ならではの居心地のよさは、日本人ならば多くの人が感じていることのはず。近年では、モダンな雰囲気の和室も多くの住宅メーカーが打ち出しているもの。何となく古臭いとか、ダサいとか。こんな理由で、和室を設けないというのは、非常にもったいないことに感じるのですが、いかがでしょうか?

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. リフォーム工事完了時の注意点

  2. 塗装を選ぶ時に考慮するポイントは?

  3. 軽量鉄骨や鉄筋コンクリート住宅でもシロアリ被害の可能性はある

  4. 階段リフォームの工夫【勾配の見直し編】

  5. 大手ハウスメーカーを選ぶメリットとデメリット

  6. 地震にあったら住宅ローンはどうなる?地震保険への加入で大丈夫?

  7. 延床面積が狭い家を、広く見せるコツ

  8. 活用しよう!地方公共団体の住宅ローン支援制度

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP