Loading

長くすむことを考えると、二世帯住宅のベストな間取りとは? 

子育てなど家事のヘルプを頼めるとか、購入資金の援助を得やすいとか。両親と同居する「二世帯住宅」には数多くのメリットがあります。一方で、お互いのプライバシーに面でのデメリットがあるのが二世帯住宅なのです。しかし、そんなデメリットも間取りの工夫で解消できるもの。加えて意外なメリットも生まれてきます。

完全同居、部分共用、完全分離、3つのパターン

寝室以外のスペースを共用する「完全同居」、キッチンやバスなど一部の設備を二つの家族が使う「部分共用」、2件の家が屋根でつながっているような「完全分離」。二世帯住宅の間取りには大きくわけて、3つのパターンがあるのです。

オススメは何といっても完全分離。2つの家族の生活リズムやプライバシーを完全に分けることができますから、同居で起こりがちなイザコザのほとんどを未然に防ぐ事ができます。一方で、必要になるのは高額な建築費用。広い土地が必要になりますし、キッチンやバス、玄関も2つずつ造らなければいけませんから、コスト面では高額ですが、それを上回るメリットがあるでしょう。

一方を賃貸住宅として活用するというアイデア

完全分離の二世帯住宅が優れているのは、イザコザを防ぐという点だけではありません。長く住む上での家族構成の変化に対応しやすいのが完全分離、例えば子どもが独立したとかで同居する人員が減った場合には、片方の生活スペースに完全同居。一世帯分を完全に空けるということができるのです。

これで何ができるか? 賃貸住宅として他の家族に貸し出すことで、家賃収入を得ることが可能になるのです。二世帯住宅を建てた時の家族構成がいつまで続くのか? それは、ほんの10数年、後は構成する人員が減っていくだけというケースはよくあるもの。減った人員で暮らす期間のほうが、ずっと長かったりするものです。ならば、そのことを頭において同居する形態も考えるべきでしょう。

まとめ

二世帯住宅について述べてきましたが、この家族構成がいつまで続くのか? など将来のことも考えて家や間取りを考えるのは非常に重要なことです。特に近年の住宅は長持ちするもの、少し前の住宅と比較しても耐久性という点で大きな進歩があります。長く住むならば、何を重視して家を建てるべきかは自然と変わってくるもの。これは二世帯住宅だけに限った話ではないのですが。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. 一室複数灯。あかりがもたらす寛ぎ空間

  2. 「子ども部屋はいらない」という意見について

  3. 住宅会社にはじめてプランを依頼する時のポイント

  4. 床の強度と大きく関係のある束の重要性について

  5. 住宅に使われる木材の種類とそれぞれの特徴

  6. 小さなスペースで広々と暮らすオープン設計

  7. システムキッチンのワークトップの高さは何センチが良い?

  8. 家を小さくしてでも庭を広く取るという選択肢

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP