Loading

リビングダイニングのあかりのテクニック

リビングやダイニングという場所は食事をしたり、家族団欒をしたり、リラックスしてくつろいだり多目的に使うスペースです。だからこそいろいろな生活シーンに対応できるようあかりの使い方がとても大切なのです。

あかりの組み合わせ

さまざまなシーンに対応するためには、あかりを点在させる必要があります。ダイニングテーブルの上やリビングの中心に1灯ずつではなく、テレビのまわり、通路になる部分、壁際、対面キッチンの手元などにも配置をし、あかりを分散させることで使いわけができるのです。ダウンライト、ペンダントライト、ブラケット、スポットライトなどいろいろなタイプの器具を使うことで、空間にも動きがでてインテリアが引き立ちます。例えば、ダイニングテーブルの上のあかりは食事を美しくみせるためのものでもあります。光が拡散するものではなく、集光タイプの器具が食材を艶やかに引き立ててくれる効果があります。

中心になるあかりのポイント

リビングの中心部分、ソファやテーブルを配置する部分のあかりは照度がポイントです。ダウンライトを数灯使って中心のあかりを作る場合も、シャンデリアやシーリングライトを1つ使う場合も,できれば調光できるタイプの器具を選びましょう。あかりの強さを最大限にするとメリハリのある空間、ゆるやかな照度は開放的な雰囲気づくりに役立ちます。読書や勉強をすることもあれば、ゴロンと横になってくつろぐこともある場所です。いろいろなシーンを想定して、調光、調色できる器具を選んでおくことが、あかりを生かした空間づくりのポイントです。

まとめ

ただ明るいだけではなく、あかりをコントロールすることで和みや癒しとともに文字の見やすさや作業のしやすさを手に入れることが出来ます。1つの部屋でも朝、昼、夜と見え方が違うように、あかりを使って生活のさまざまなシーンを切り替えていくと快適なだけではなく、空間につながりや広がりをだすことができます。効果的な照明の使い方を考えてみてはいかがでしょうか。

執筆者:y.k

 

関連記事

  1. キッチンリフォームの工事日数と工程について

  2. 注文住宅の打合せから完成までどのくらいの期間がかかる?

  3. 信頼できる情報は口コミに勝るものはない?

  4. 収納に困らない家をつくるために知っておきたいこと

  5. スキップフロアの導入で狭い家を広く感じさせよう

  6. 建築で使われる木材の種類と特徴を理解しよう

  7. ロフトのある家、メリットとデメリット

  8. 床下収納はある方がいい、それともない方が良い?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP