Loading

テレビまわりのあかりのテクニック

テレビや映画を見ていて、暗いシーンのときに画面に何が映っているのかよく見えないという経験はありませんか?部屋が明るすぎても、暗すぎても映画は特に見づらくなるものです。画面が見やすく目が疲れないテレビまわりのあかりのテクニックを知っておきましょう。

テレビの背面を照らすあかり

テレビを見るときは真っ暗な部屋よりもテレビの背面に光があるほうが、画面のまぶしさが少なく感じられ目が疲れにくくなります。テレビからの光はときに強すぎて眩しく感じることもしばしば。そんなときテレビの背面に適度なあかりがあれば、まぶしさを和らげる効果が期待できます。ダウンライトを壁側を照らしたり、ライン照明やブラケットを使っても効果的です。ポイントは部屋の中心ばかりにあかりを持ってくるのではなく、適度に分散させてやわらかい雰囲気を作っておくと、テレビを見るとき目が疲れず、リラックスができる心地よい空間に仕上がります。

シアターのあかりのワンポイント

テレビの背面を照らすあかりが確保できれば、映画の暗いシーンも見えやすく、目も疲れにくくなります。そして、光が拡散しない小さなスタンドやピンホールのダウンライトで手元を照らすあかりをつくります。テレビ壁面に対し、床面を少し照らすように照度を低くすると、臨場感が高まる効果が得られます。人が座っている背面にあかるさがあると、人影が写りこみやすくなりますので注意が必要です。また高輝度の光が視野に入ってしまうと、画面に集中できなくなりますので、昼白色や昼光色の照明ではなく、温白色や電球色の器具を選びましょう。

まとめ

あかりを使い分けることは空間づくりや暮らしやすさに繋がります。部屋の真ん中の照明の光が写りこんで画面が良く見えなかったり、明るすぎたり、暗すぎる照明は逆にストレスにもなりかねません。ひと部屋にシーリングライト1灯ではなく、あかりの持つ特性をいかし、最適な場所に配灯することは快適な空間を作り出すテクニックとなることを覚えておきましょう。

執筆者:y.k

関連記事

  1. イチローの家も、住友林業? 〜木造軸組工法の強みとは何か

  2. 建築家との家づくり。土地探しから依頼可能なの?

  3. 省エネ住宅のポイントとなるエアコンの選び方

  4. 瑕疵が見つかったけど施工会社が倒産したらどうすればいい?

  5. スマートハウスのデメリットとは?

  6. 建築家との相性はどうやって確認すればいい?

  7. 求めるポイントで決める「建て替え」と「リフォーム」

  8. 逆転の発想 住宅ローンで収入アップとは!?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP