Loading

システムバスの選び方

システムバスとひとことで言っても、メーカーや性能は実に様々です。標準的な製品はどれを選んでも、快適で安全に使うための基本的性能は満たされています。標準タイプにどんな機能をプラスして、何を変更するのかによって浴室空間への満足度は大きく変わります。

システムバスとは

タイルやモルタルで浴室を作る昔ながらの工事方法は在来工法と言い、システムバスというのは床やバスタブ、天井や壁などといった各パーツを工場で成形し、現場で組み立てる工法のため工期が短く、近年では断熱性やお手入れ簡単などの装備がつき一般的になってきている浴室工法です。

システムバスの機能のポイント

システムバスを販売しているメーカーはどこも基本的な性能を満たした標準仕様というものを設定しています。標準仕様を元に、オプションを加えることによってそれぞれの好みに仕上げることができます。浴室のサイズは1坪が最も多く採用されており、浴槽と洗い場のスペースの比率がほぼ均等になります。浴室サイズが1坪以上になれば浴槽が大きくなったり、洗い場を広くとることができるため、家族構成に合わせて選ぶことが重要です。

浴槽や浴室内の保温性の仕組みも最近では充実しています。浴槽は魔法瓶のように2重構造となっておりお湯が冷めにくかったり、壁や天井に断熱性のある素材を使用したり、床暖房や浴室暖房機などの暖房器具も導入することができます。高齢者に多いヒートショック現象は温度差で起こります。入浴時服を脱いで寒い浴室に入ることのないように床暖房や浴室暖房で温めておくことで予防が出来ると言われいます。

共働きの家庭が多い中、家事への負担軽減もポイントです。排水口の掃除や水垢よごれ、カビなどの問題は浴室には不可欠です。汚れがつきにくい浴槽や床などの素材、目地のない壁、カビを発生させないための環境作りに役立つ換気乾燥機。それらを活用することで日々の掃除の時間を軽減することができます。

リラックスするためのくつろぎ空間を求めるのであれば、ジェットバスや映像、音楽を楽しむ空間、照明器具にこだわってみてもいいかもしれません。

まとめ

システムバスを選ぶ際は、基本的な性能にどの程度のプラスアルファをするかで金額も異なってきます。譲れない部分や長期的目線で機能を検討し、安全で快適な入浴タイムを手に入れたいものですね。

執筆者:y.k

関連記事

  1. 活用しよう!地方公共団体の住宅ローン支援制度

  2. コンロの口の並び方

  3. 当初固定金利型住宅ローンを活用して返済額を減らすノウハウ

  4. 建築家に設計を依頼すると設計料はどのくらい必要?

  5. 広い寝室のメリットとデメリット

  6. ハウスメーカーと建築家、住宅にどんな違いがあるの?

  7. キッチンコンロは「週5回」掃除するが3割

  8. 北向きの暗いトイレにはトップライトを設置しよう

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP