Loading

玄関にシューズクロークが便利なわけ

玄関というのはその家の顔とも言える場所です。何足も靴が出ていたり、散らかっていては突然の来客時に慌ててしまうことになります。玄関をスッキリとキレイな状態で保つ秘訣は収納にあるのです。しかし、靴箱を置いただけでは解決しない問題もあります。靴の出しっぱなしを無くすには、家族の靴を脱ぐ場所、しまう場所を玄関の横に専用スペースとして作ってしまうことで解決ができます。

シューズクロークの有効活用

玄関土間からシューズクロークには靴を脱がなくても行けるように配置し、シューズクロークから室内ホールに入れるようにするのが理想的です。シューズクローク内には可動棚を設置し靴の高さによって棚板を調整します。傘や長靴、ゴルフバックやベビーカーなど外で使うものの置き場所も定位置を決めておきます。効率的に大容量の収納を確保することで、玄関は靴が散乱せずに常にスッキリを保つことができるのです。

リフォームでシューズクロークを確保

新築の場合は間取りの設計段階でシューズクロークの場所を確保することができますが、リフォームの場合はどうでしょうか。玄関の隣の部屋の一部を取り込むことができるのであれば、リフォームの際にシューズクロークの設置も検討してみましょう。玄関の位置を変えることは大がかりなリフォームになりますが、玄関内の壁を一部撤去して隣の部屋の一部を収納部屋にする工事はさほど大掛かりな工事ではありません。場合によっては耐力壁や筋かいなどの関係で壁を壊すことができないかもしれませんが、工事業者に相談してみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

シューズクロークというのは大きな靴箱を置くよりも実用的で使いやすいものです。靴だけでなく、外で使用するこまごまとした用品もシューズクロークがあればスッキリと収納することができ、玄関は常に来客を迎えられる状態を保つことができます。

日々忙しくしている人こそ、片づけや掃除の手間を省けるように適材適所な収納スペースを考えてみてはいかがでしょうか。家事にゆとりができるような住まいづくりを心掛けてみましょう。

執筆者:y.k

関連記事

  1. 植物を取り入れた部屋づくりの方法

  2. 建ぺい率と容積率について

  3. 寝室と直接照明

  4. 「採用してよかった」間取りベスト5

  5. バイクでも盗難対策はGPS通信の時代です

  6. 多目的ルームとして使えるのは、和室だけ

  7. 寝室と間接照明

  8. 木造、鉄骨、鉄筋コンクリート 〜構造で住宅メーカーを考える

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP