Loading

マンションリフォームでできないこと

マンションは共有部分と専有部分にわかれておりリフォームが可能な部分は専有部分のみです。室内だからといってすべてが専有部分になるわけではなく、リフォームが不可能な場合もあります。マンションの室内でリフォームできないことはどのような場所なのでしょうか。

玄関ドアや窓ガラス・サッシの交換

玄関ドアはドアの外側が共有部分にあたるため、ドア本体を取り換えることはできません。しかしドア内部の室内側は専有部分にあたるので塗装を施すことはできます。鍵の交換は防犯の面から管理組合に相談をし取り換えることができる場合があります。サッシについては外観に影響を及ぼすことから勝手に交換をすることができません。しかし、ガラスのみの交換であれば対応できる場合がありますので、こちらも管理組合に相談をしてみましょう。

パイプスペースの移設とオール電化

マンションには室内の床下にある配管は専有部分になりますが、給排水、ガス管、電気配線などのタテ配管は共有部分にあたります。タテ配管は上階や階下との配管と合流しており、それらの配管が壁内部のパイプスペースに収まっています。点検口がついた壁の凹凸があればその部分がパイプスペースです。このパイプスペースは移動させることはできませんので、間取り変更を伴うリフォームをする場合は注意が必要です。

最近ではオール電化仕様のマンションもありますが、一般的にはガスと電気の併用となります。オール電化にするということはコンロはIHで200Vが必要、給湯器は温水器やエコキューとといった大型のタンクが必要な設備になるため、この給湯器を設置するスペースや荷重の問題からリフォームでオール電化にはできない場合が多いです。稀にオール電化を許可しているマンションもありますので、まず管理組合に相談をしてから検討するようにしましょう。

まとめ

マンションの専有部分でも外部に面する箇所は共有部分になる場合が多く、バルコニーなどのガーデニングも避難用通路の妨げになるようなリフォームはできない場合が多いです。リフォームをしたいと思ったらまず管理組合に相談をし、どの程度までリフォームができるのかを明確にしてからリフォームを検討するようにしましょう。

執筆者:y.k

関連記事

  1. 住宅ローンの支払いの減額を銀行に交渉する際の注意点

  2. ゼロエネルギーハウスのすすめ

  3. ペアローンと収入合算による住宅ローン

  4. 積雪地で気を付けるべき屋根の形状

  5. 建築家と長く付き合うことのメリットとは?

  6. リフォームの際の建築確認

  7. 建築家に設計を依頼すると設計料はどのくらい必要?

  8. 「コンストラクションキーシステム」について

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP