Loading

マンションのリフォームでできること

マンションはコンクリートで造られた構造体にあたる共有部分と、各部屋を構成する天井や床、間仕切り壁などの専有部分に分かれています。マンションリフォームで可能な範囲は専用部分になり、共有部分にあたる箇所は勝手にリフォームをすることができません。そして部屋の中といってもどんなリフォームでもできるわけではありませんので、マンションでリフォームできる部分について知っておきましょう。

どんなリフォームができる?

キッチンやトイレ、浴室といった水回りは完全に専有になりますので設備機器の交換や移設が可能です。しかし、移設の場合は給排水の位置が変わる可能性があるので、どの位置に移設可能かどうかの判断はリフォーム業者に現地調査をしてもらう必要があります。床暖房の設置やコンセントの増設など電気に関する工事は各住戸の電気容量が限られているため容量内であれば工事が可能です。しかしIHクッキングヒーターを導入する場合は200Vの電力が必要なため、容量オーバーになる恐れがありますので管理組合に確認をしましょう。

壁や天井の内装材はクロスを張替えたり塗装を施したりするリフォームができます。また襖や建具の取り換えも問題なくできるでしょう。大幅な間取り変更は配管の問題さえクリアをすればリフォームで自由にすることができます。マンションの構造はRCラーメン構造といって部屋の隅にある梁や柱の凹凸で建物を支えている場合が多く、部屋内部の間仕切り壁には重量がかかっていません。ですから室内の間仕切り壁はほとんど取り外すことができますので、自由に間取り変更をすることができます。

場合によってはリフォーム可能な箇所

換気扇の取り換えは位置が変わらなければ交換は可能ですが、移設となると排気ダクトの移動距離が長い場合は吸込がわるくなったり梁による移設の制限もでてきます。エアコンの増設は新たにスリーブという配管のための穴を躯体部分にあけなければなりませんので、リフォームは行えません。しかし、マルチエアコンといった一台で室内機を複数取り付けられるもので対応できるのであれば、増設することは可能です。床のリフォームについてはマンションによっては階下への騒音トラブルを防ぐため、管理規約でフローリングを禁止している場合があります。どのような床にリフォーム可能か管理組合に確認が必要です。

まとめ

マンションのリフォームでは制約があるものの、できる工事は意外とあるものです。特に間仕切り壁は自由に取れる場合がほとんどですので、大胆な間取り変更を伴うリフォームも夢ではありませんね。

執筆者:y.k

関連記事

  1. ユニットバスの入り口は引き戸?開き戸?

  2. 長期優良住宅について

  3. マンションリフォームの注意事項

  4. 高齢者に配慮した住まい(トイレ編)

  5. 新築住宅の安売り時期を知れば住宅ローンの負担軽減が可能に!

  6. 暖房に薪ストーブを採用して困ったこと

  7. 玄関にシューズクロークが便利なわけ

  8. 住宅ローンの返済困難時の対処法は延滞前にまず銀行に相談

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP