Loading

リフォーム工事完了時の注意点

リフォームの工事が始まったら、契約時に提示されている工程表や仕様書通りに進んでいるかどうか自身の目でチェックしたり、定期的な報告をしてもらうことが大切です。工事中まかせっきりにしてしまうと、仕上がってから隠れてしまう壁の中や天井裏や床下は見ることができません。仕様書通りの断熱材や補強材が入っているかなどわからなくなりますので、リフォーム中は定期的に自分でも確認をするようにしましょう。

追加工事や変更工事は書面で確認

リフォーム工事では壁を壊してみて初めてわかることがあります。躯体の状態が良くなければ補修をしなければなりませんし、追加工事や変更工事が発生することもつきものです。そのような場合は口頭だけでやり取りをするのではなく、できるだけ書面で追加金額を提示してもらいましょう。リフォームでよくあるトラブルでは追加工事が膨大になってしまい、完了時の請求に納得がいかないということです。なにか問題が起こるたび面倒でも、その都度書面で確認をすることが最終的なトラブルを回避することに繋がりますので、工期が延びたとしても書面でやり取りを残しておくようにしましょう。

工事完了、引き渡しの際の確認

工事が完了をすれば業者立会のもと仕上がりを確認し、説明を受けましょう。設備機器は実演をしてもらいながら取扱説明を受けるようにしたいものです。契約時の内容と間違いがないか確認をし、気になるところは手直しを依頼します。完了確認書がある場合は書類を交わし、図面や契約書とともに大切に保管をしておきましょう。暮らし始めて不具合があったり、気付いたことがあれば担当者に連絡してなるべく早いうちに対応をしてもらいましょう。完成後はアフターサービスの範囲なども確認をしておくといざというとき安心できるのではないでしょうか。

まとめ

リフォーム工事後の最終確認では気付いたことは遠慮せずに伝えることが大切です。すぐに言えば対応できることも、後々になれば難しい場合もあります。満足のいくリフォームが出来れば業者とは困ったことがあれば相談できる良い関係が築けます。急なトラブルの際に相談できる相手がいるというのはとても安心できるのではないでしょうか。

執筆者:y.k

関連記事

  1. 「段差がない」はバリアフリー? 本当の意味でのバリアフリー住宅とは

  2. 外壁をタイルにすることのメリットとデメリット

  3. 風通しの良い家をつくるための工夫について

  4. 入居率99.02%!クラソシリーズを造った建築家から家づくりの考え方を学ぶ

  5. 建築家との家づくり。いつ設計料を支払えば良い?

  6. 中古住宅購入にお得な金利の「フラット35リノベ」の魅力

  7. 中古住宅の住宅ローンは期間や諸費用などは新築住宅と異なる?

  8. 自営業者が住宅ローンを借りるときの審査のポイントは税金

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP