Loading

リフォームの目的を明確にしよう!

家というのは建てた瞬間から劣化が始まっています。新築後5年、10年、15年と経っていけば経年劣化が進み、電気系の設備は故障することもあるでしょう。外壁や屋根は日々雨ざらし日ざらしになっていますし、壁紙や床材の痛みも気になるところ。

建物を長持ちさせる秘訣は定期的なメンテナンスですが、いざリフォームをするとなってもどこから手をつけて良いのか、どのようにすれば失敗のない効率的なリフォームができるのかと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。リフォームをすると考えだしたとき、まず最初に明確にするのは「目的」です。何のためのリフォームなのか、どのような希望があるのかを明確にすることがリフォームを成功に導くために最初に考えることなのです。

住まいの劣化を把握する

リフォームをするきっかけとなる理由で、一番多いのは経年劣化によるリフォームです。キッチンやお風呂、トイレなどの水回りや外壁・屋根などの外回りなど、毎日生活をしているうちに気づけばあちこちと傷んできています。まずは住まいのどの部分の劣化が激しいのかを確認し、優先順位を決めましょう。

住まいの状況を把握することは先々の計画をたてる際にも役立ちます。まずは1番劣化が進んでいて、手を施したほうがよい箇所を優先的にリフォームをし、今すぐリフォームしなくてもよい箇所は何年後という目安を考えておけば、資金計画も立てやすくなり、結果的に家を長持ちさせることに繋がります。

将来を見据えたリフォームを考える

リフォームの目的は住まいの痛み具合だけで判断するわけではないと思います。子供たちが巣立って夫婦2人暮らしになったため部屋が余ってきている、同居の家族が増えたため部屋が足りない、家族それぞれの個室が欲しい、リビングが手狭になってきた、家族が高齢になってきたため安心で安全な住まいづくりがしたい。など理由はさまざまです。

現在の状況だけを組み込んだリフォームを考えるのではなく、先々のことも見据えたリフォームを考えることが大切です。例えば今は手すりがいらなくても10年後ぐらいには取り付けるかもしれないという状況であれば、手すりを設置する予定の壁に下地材を入れておくことや、床材の貼り替えをするのであれば段差はなくしてバリアフリーにできる方法を選択するなど、現在の状況だけでリフォームをするのではなく、将来を見据えて考えることがリフォームを成功に導くための大切な事柄なのです。

まとめ

なぜリフォームをするのか、どんな住まいにしたいのかというイメージを描き、具体的なリフォーム計画に当てはめることが大切です。建物の維持、快適性や暮らしやすさの維持、資産価値の維持など要望や目的を明確にすることからはじめてみましょう。

執筆者:y.k

 

関連記事

  1. 使い勝手の良いバルコニーを作るために意識すること

  2. 家を建てる時に必要な「祭事」とは

  3. 独立した部屋にする

  4. 職人泣かせな2×4住宅の現実とは

  5. ビルトインオーブンのメリットとデメリット

  6. 木造住宅の構法とそれぞれで違う安全性の仕組みとは

  7. ペアローンと収入合算による住宅ローン

  8. 建築家に依頼した住宅の工事費を極端に増やさないためには?

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP