Loading

木造軸組構法のメリットとデメリット

建築工法には様々な種類がありますが、日本の一般住宅において最も代表的なのが「木造軸組構法」です。在来工法や伝統工法とも呼ばれ、多くのハウスメーカーや工務店が採用しています。昔ながらの工法なので実績のある信頼性の高い工法だといえます。今回はこの木造軸組構法のメリットとデメリットをご紹介します。 

木造軸組構法のメリット

木造軸組構法はメリットの多い工法だといえます。その最大のメリットは「設計の自由度」の高さです。将来的なリフォームのことも考えると、ツーバイフォー工法などと比べ制限の少ない木造軸組構法はお勧めの工法となります。最も一般的な工法なだけにほとんどの工務店で対応可能なこともメリットだといえるでしょう。将来リフォームする際に業者選びに困ることもないと思います。

技術的には柱や梁を化粧材として表に出す真壁造りも可能です。昔ながらの和風なデザインにはこの工法が使われます。木造軸組構法は職人さんにとっても昔から慣れ親しんだ基本的な技術なので、スムーズな施工が行われることでしょう。 

木造軸組構法のデメリット

では木造軸組構法のデメリットとはどういったところでしょうか。基本的に大きなデメリットは感じられませんが、ツーバイフォー住宅と比べると工期が長く必要であったり大工の手間賃が多くなるのは事実です。また、真壁造りなど職人の技術が求められる設計にした場合、施工をする職人によって完成度に差が出やすいということもいえるでしょう。しかし近年主流の洋風住宅の設計であれば、職人の技術差はそこまで顕著に表れることはないでしょう。 

まとめ

多くの人がこの木造軸組構法でのマイホーム建築を検討することになると思いますが、元大工の筆者としても最もお勧めの工法です。費用を安く抑えることでは他の工法に劣りますが、設計の自由度や将来的なことを考慮すると、多少高くついても木造軸組構法は最もつぶしのきくお勧め工法です。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 台所の照明を考える

  2. 建築家に頼むと費用が高くなるって本当なの?

  3. リビングの定番「床暖房」を設置する際のコツとは

  4. 屋根材の選び方

  5. 金利の上限が付いた変動金利型住宅ローンのメリット・デメリット

  6. 違法建築対策には完了検査済証の確認が必須

  7. これからの時代に求められるのはどんな家?

  8. あえて葉巻を吸うなら、最適の保管状況で最高なものを!

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP