Loading

植物を取り入れた部屋づくりの方法

植物には部屋を素敵に彩ったり、癒しの効果があったりと生活に心地よさをもたらしてくれるチカラがあります。でもうまく育てられず枯らしてしまったり、水やりに追われて疲れてしまった経験はありませんか?長く上手に植物と暮らしていくためのちょっとしたコツや方法を知っておきましょう。

植物を枯らさないためのポイント

植物を元気に育てるためには水と光と風がポイントです。自然界には雨が降り、太陽が昇り、風が吹いています。それらを家の中で再現してあげることが重要なのです。といっても、大げさなことをする必要はありません、室内でも太陽があたる窓際にたまに移動をし日光浴をさせてあげたり、一日10分でもいいから窓をあけて外の風を取り込みます。水はやりすぎず土が乾いたと思ったタイミングで土の中に水を通しておあげるのです。

窓のないトイレや洗面所では適度な日の光が必要な観葉植物はすぐに枯れてしまいます。日光浴のためにこまめに移動をさせるのは面倒ですので、そのような場所には生花を飾ったりドライフラワーなどで代用をしましょう。植物を楽しむためには適材適所が大切です。

植物をつかって印象的な部屋づくり

植物を取り入れた部屋づくりのコツは高低差と鉢カバーです。いくつもの植物を並べる場合、部屋に入った瞬間目に入る位置に高さがあって存在感のある植物を置きましょう。そして一か所に集中して植物を配置するのではなく、高さや大きさの異なる種類のものを部屋のコーナーや飾り棚などに点在させることで、どこにいてもグリーンが見え広がりのある空間を演出することができます。

また鉢カバーにもこだわることで、部屋の印象はかわります。ブリキのものや陶器のもの、木製のものなどいろいろな鉢カバーがありますので、部屋のインテリアに合うテイストのもので楽しみましょう。

まとめ

植物は種類によって手がかかるものとそうでないものがあります。過保護になりすぎず気楽に育てられる植物は意外とあるものです。まずは育てやすい植物から取り入れ、素敵な部屋づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

執筆者:y.k

関連記事

  1. 逆転の発想 住宅ローンで収入アップとは!?

  2. 建築家との家づくりを知りたい。気軽に情報収集する方法は?

  3. 簡易ガレージはバイク好きの悩みを解決してくれる!?

  4. 建築家に頼むと費用が高くなるって本当なの?

  5. 新築・リフォーム、住まいの断熱材は何が良い?

  6. 有名建築家に住宅設計を依頼する方法は?

  7. 注文住宅の打合せから完成までどのくらいの期間がかかる?

  8. マンションリフォームでできないこと

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP