Loading

小さく暮らすがちょうどいい。減築という選択肢

家族の成長とともに人々の暮らし方というのは変化をしていくものです。家を建てた時は子供がいたので、それぞれの個室を確保するため2階建ての家が必要だった。しかし子供が独立をして夫婦2人だけの生活になると、部屋は余ってくるし年齢とともに2階にあがるのもつらくなってくる。ちょうどよい生活空間を確保できれば家は大きくなくても良いのではないでしょうか。

リフォームで思い切って減築をする

リフォームやリノベーションでは増築をして家を建て増すことがよくあります。しかし余ってる部屋をなくしてしまう減築という方法も、住まいを快適にする方法のひとつです。

2階の子供部屋をなくしてリビングや玄関を吹き抜けにして空間を広げることもできますし、減築して建物を小さくした分お庭やガレージを広くすることも可能です。リビングに必要なスペース、居室の有無などを考えたら以外と小さく暮らす方が掃除の手間も省けスッキリと便利に暮らせることもあります。

物質的な広さではなく住まい方

快適でちょうどよい暮らしというのは、何かを我慢している感覚がなければ物質的な広さは必要なく、住まい方や空間の質が大事なのではないでしょうか。ありあまる部屋やスペースがあると物はどんどんと増えてしまいます。

服にしても、物にしても人が一度に使うには限度があります。物に支配されることなく必要最低限なものだけを見極めることも大切かもしれません。住まいも同じでLDKがとにかく広ければ良いというものでもありません。毎日たくさんの人が集まってパーティーをするわけでもないのですから、使い易さを重視したスペースで実は十分なのです。

まとめ

2階建てから平屋にすれば建物への負担も減るため耐震効果も高まります。そのうえ固定資産税や光熱費の削減にもつながります。収納も適材適所に考えゆとりも持ちつつ、自分らしく住まうためには減築という選択肢を視野に入れてみてもいいのではないでしょうか。

執筆者:y.k

関連記事

  1. 軽量鉄骨住宅のメリットとデメリット

  2. 建築家に依頼すると自由な形の家にできる?

  3. 建築用ガラス製品の特徴を知ろう

  4. 寝室と家具、置くべきもの置かない方がよいもの

  5. 「エコカラット」で気持ちの良い室内にしよう!!

  6. Ⅱ型キッチンのメリットと特徴

  7. 積雪地で気を付けるべき屋根の形状

  8. 石材について

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP