Loading

往路ついでにしまえる通路脇収納が便利

家のあちらこちらに日用品が散乱していて、ちっとも片付かないという経験はありませんか?生活に必要なトイレットペーパーや洗剤類など、こまごまとした日用品や常時使う服やかばんなどは、トイレに行く途中や玄関からリビングまでの間などの往路になる部分に収納をするととても便利でスッキリします。

ちょっとしたスペースがあれば作れる収納

ローカや玄関脇などにこまごましたものを納めておく収納スペースは押し入れやクローゼットのように奥行きがなくても大丈夫です。有効奥行き寸法が30cm取れれば日用品の収納に十分です。ちょっとした空間を利用して、収納スペースを作り引き戸をつけておけば、扉を閉めた時は壁のようにスッキリ見えて場所もとりません。

奥行きの浅い収納は扉をあけると置いてあるものが一目瞭然なので、家族みんなが使いやすく、探し回る手間も省けます。キッチンからの動線に繋がる部分には食料品のストックを入れるパントリー替わりの収納があれば、ストック品を二重買いする心配もなく便利なうえ、キッチンまわりがスッキリします。

洗面所の近くにスペースが取れれば、バスタオルやパジャマなど洗面所で必要な雑貨の収納にも役立ちますし、洗濯機を通路脇の収納スペースに納めてしまえば使わない時は隠すこともでき洗面所がゆったりと使えます。

ウォークスルークローゼットがあれば動線に無駄がない

外から帰ってきて、寝室や個室に服を着替えにいくのは面倒だからついついリビングのソファにコートやかばんを置いてしまいがち。そんな悩みは着替えの動線を考慮した収納がポイントになります。

玄関からリビングへと抜ける通路にウォークスルークローゼットを設置すると、コートやかばんをリビングに持ち込むことなく、スムーズに着替えや片づけができます。往路になる通路に収納を設けることは、動線に無駄がなくなり家事も時短が出来るうえ、部屋が散らかる要因を取り除くことができるのです。

まとめ

いつもスッキリと片付いた部屋を持続されるには収納スペースがカギとなります。既存の家でもあいているスペースにクローゼットを設置することはできますので、邪魔にならない場所に収納を造作してみてはいかがでしょうか。

執筆者:y.k

関連記事

  1. 自然素材の床材について

  2. 建築会社によって大きく変わる新築住宅の工期

  3. イチローの家も、住友林業? 〜木造軸組工法の強みとは何か

  4. 住宅ローンの事前(仮)審査と本審査の違い

  5. 元利均等返済と元金均等返済の違い知っていますか?

  6. 高気密高断熱は本当にスグレモノ? 地域とライフスタイルで工法を選ぶ

  7. 魅力的な言葉「家賃並みの返済」で住宅ローンを組むときの注意点

  8. 階段リフォームの工夫【照明・手すり編】

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP