Loading

モデルハウスで住宅会社を選んではいけない理由

「どの住宅メーカーで家を建てようか?と考えて住宅展示場へいったんだけど、結局よくわからなかった」こんな話をよく聞きますが、まあ当然といえるでしょう。なぜなら住宅メーカーを選ぶのに、モデルハウスの見学は向いていないから。以下に、その理由を見ていきましょう。

モデルハウスは参考にならない!!

結論からいってしまうと、モデルハウスは住宅メーカー選びの参考にはなりません。なぜなら住宅展示場に建ち並ぶモデルハウスは、あまりにも実態とかけ離れているからです。いま日本で建てられている住宅の本体価格は平均で2,000万円ちょっと。しかし、住宅展示場になると5,000万とか6,000万はザラ。中には1億円なんて、豪勢なものもあるのです。

各メーカーが競い合う住宅展示場ではライバルたちを出し抜くために、しのぎを削っています。それだけに実態とかけ離れた、ゴージャスなモデルハウスを建ててしまいがち。延床面積も広ければ、オプション満載で坪単価も最大!! こんなモデルハウスばかりなのです。

ですから、モデルハウスの印象が良かったからといって、住宅メーカーを決めてしまうのは危険。予算を伝えてプランを立ててもらったら、イメージとかけ離たものしかできません。予算に糸目をつけない限り、モデルハウスの印象そのままの家は絶対に建たないのです。

住宅展示場は何をするところ?

ならば、住宅展示場では何をするのが正解なのか? 家造りのアイデアをチェックするところと考えればよいでしょう。あるモデルハウスのリビングが気に入った、ならば営業マンに広さや天井の高さ、床の材質などについて質問をしておく。外観が気に入ったならば、外壁材や屋根の色についてメモをしておく……こんな使い方ぐらいしかできないものです。

加えて、その住宅メーカーならではの構造や気密性・断熱性、防音性など基本的な性能をチェックするのにもモデルハウスは役に立ちます。メーカーの候補をしぼった上で、最終候補を決定する、こんなケースに向いているのがモデルハウスなのです。

まとめ

最近流行りのパントリーとか、住宅メーカーのアイデアが詰まっているのがモデルハウス。しかしパントリーが気に入ったからといって、その住宅メーカーに依頼しなければパントリー付きの住宅が建たないか? というと、そうではありません。

「パントリーが気に入ったから自分たちの家にも付けよう」とか「壁面収納を取り入れようとか」、いろいろなアイデアをチェックする。これが正しい、モデルハウスの使い方なのです。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. 建築家に設計を依頼すると設計料はどのくらい必要?

  2. そもそもウォークインクローゼットは必要か?

  3. 住宅ローンのシミュレーション計算を使うときの間違いやすいポイント

  4. 住宅ローンの優遇金利のタイプと利用上の注意点

  5. 住宅ローンの融資額が減る携帯電話のクレジット払いに注意

  6. 住宅会社を営業マンの人柄で選んではいけない理由

  7. 北道路の安い土地でも工夫次第で快適な住宅へ

  8. 駐車場から玄関への動線は意外と重要

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP