Loading

雨の日に洗濯物に悩まない方法

洗濯物は太陽に当てたり風にさらしたりすることで、しっかりと乾燥し気持ちの良い触り心地になりますが、雨の日が続くと部屋干しばかりになり、家の中はなんだかジメっと湿気が多く、洗濯物もカラッと乾かずスッキリしません。近年は花粉やPM2.5などに敏感な人も多く、晴れていても洗濯物を外に干せない期間があったりしますね。そんな洗濯物の悩みを解決できる方法を知っておきましょう。

室内干しの定位置を

室内に洗濯物を干す場合はカーテンレールに引っかけたり、リビングの一画に折りたたみ式の洗濯物干し台を使って干していませんか?突然の来客があって慌てた経験、リビングが洗濯物でうっとおしい経験、誰しもあるのではないでしょうか。

ウォークインクローゼットがある家はそこに干し場所を作ってしまいます。乾いたらそのまま収納できるので、家事の時短にも繋がります。洗面所の天井に室内干し用の物干しユニットを取り付けて必要な時だけ引き出して使うのも良いですね。

室内干しの湿気対策

洗濯物5キロに対して室内に放出される水分は約3ℓと言われています。家の中にはダニやカビ発生の危険が潜んでいます。ダニやカビは高温多湿な環境が大好きですから、室内干しをなんの対策もしないで行ってしまうとダニやカビの繁殖を促進してしまうのです。

室内に洗濯物を干す場合は湿気対策もしっかりしておきましょう。湿度センサー付きの換気扇や除湿器を併用したり、エアコンの除湿運転などの少しの工夫で湿気対策をすることができます。常に湿度が高い浴室に浴室用乾燥機を設置するのもおすすめです。洗濯物を干せるだけでなく、入浴の度に乾燥機を回しておけば、浴室内のカビの発生を抑えることにも繋がります。

まとめ

雨の日の洗濯物に悩まないようにするためには、家の中の室内干しの環境を整えることから始めましょう。少しの工夫と対策でうっとおしいと思っていた洗濯物の悩みを解決できるかもしれません。梅雨の時期に向けて考えてみてはいかがでしょうか。

執筆者:y.k

関連記事

  1. モデルハウスで住宅会社を選んではいけない理由

  2. 中古住宅購入にお得な金利の「フラット35リノベ」の魅力

  3. 残暑を乗り切るための快適バイクグッズを考える

  4. どこの会社が建てても最後は職人と現場監督次第で決まる施工品質

  5. 天井を高くして梁を見せるリフォーム

  6. 建築家との家づくりを知りたい。気軽に情報収集する方法は?

  7. 建築家との相性はどうやって確認すればいい?

  8. 夫婦と子ども2人で暮らす家の適正な間取り

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP