Loading

生活感が滲み出ないオープンキッチンのポイント

LDKが一体となった間取りが主流のいま、キッチンは対面のものが多くなります。対面キッチンでもシンクの前に腰かべがあると、キッチン側の手元はリビングから隠れるため、多少散らかっていても見えません。しかし、腰かべのないフラットなカウンターの場合キッチンカウンターやコンロ廻りなど丸見えになってしまいます。

毎日料理をして生活をしていると、どうしてもお鍋や調理器具などがカウンターの上に出ていたり、調味料なんかも出しっぱなしにしがちでオシャレで素敵なインテリアにしていても生活感がでてしまいます。対面キッチンやオープンキッチンでスッキリ生活できるポイントをご紹介します。

スッキリ暮らすは収納上手

キッチンまわりの道具は大きなお鍋類から細々とした調理器具までたくさんあります。すべての道具類を適材適所に収納することが、キッチンをスッキリ保つポイントです。対面キッチンのカウンター下にはよく使うお鍋やボール、毎日の食器などを収納し、振り返った後ろにはその他の食器や使いかけの食材などの定位置を決めてあげます。

キッチンの近くにはパントリーになる収納スペースを設け、食品のストックやキッチンペーパーやサランラップなどの日用品まで収納します。すべてのものに決まった場所を作ることで、あちこち物を置かず買いすぎも防げるため、結果的に常にスッキリを保つことに繋がるのです。

使ったら戻すを癖づける

毎日使う調理器具でも使うたびに元の定位置に収納する癖をつけましょう。食器洗い乾燥機の中にお茶碗やお箸を入れっぱなしにしていませんか?毎食使う道具や食器も乾燥後には決まった位置に戻してあげるのです。そうすることでキッチンは常にスッキリと片付き、オープンな空間でも生活感が滲み出ることがなく暮らすことができます。

まとめ

オープンキッチンで生活感を出さないポイントは収納にあります。たっぷりと物をしまえる収納スペースを確保し、使ったらすぐに元の位置に戻すことを繰り返していれば、常に生活感の出ないスッキリ素敵な空間を維持することができるのではないでしょうか。

執筆者:y.k

関連記事

  1. 自然素材の家はメンテナンスが大変なの?

  2. 品質に差が出る「角」の技術を要チェック!

  3. マンション購入ではなく一戸建て住宅を選ぶ理由

  4. L字型キッチンのメリットと特徴

  5. リフォーム工事完了時の注意点

  6. 収納は「分散型」が上手に片付くポイント

  7. 建築家に設計を依頼すると設計料はどのくらい必要?

  8. 寝室と収納スペース

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP