Loading

無理のない生活ができる住宅ローンの借り方4つのポイント

住宅の購入を決意すると気持ちが高揚してきて、その結果、無理な返済計画の住宅ローンを組んでしまうことがあります。しかし、住宅ローンの返済期間は長く、その間にいろいろなことが起きて返済計画に影響します。また、最近では、高齢者世帯の5割近くが老後破産状態にあるということも指摘されています。そこで、無理のない住宅ローンを組むために注意したい4つのポイントを紹介します。

定年前に完済

住宅ローンは定年前に完済できる金額のローンを組むようにします。なお、定年時にローン残高を退職金で完済するのは、収入が限られる老後の生活を考慮すると良い選択肢とは言いにくでしょう。

変動金利を全期間利用しない

変動金利は固定金利より低いので高額なローンを組めます。しかし、長い返済期間中に金利が上がる可能性があります。一方、年功序列制度が崩壊した現在、収入はそれに連動して上がらない可能性もあり、変動金利を利用すると返済状況が厳しくなってしまう可能性があります。

教育費・老後資金・生命保険を正確に見積もること

希望する住宅ローンの金額を現在の収入で考えた場合、十分に余力のある返済ができても、将来の費用として発生する教育費、老後資金をできるだけ客観的に見積りをして不足しないかをよく検討することが大切です。また、生命保険はライフスタイルによって必要な金額が異なります。必要十分な保障が得られる保険料になるようにしましょう。

ローン返済額は総収入の25%以内

将来の収入や費用は予測しても外れる可能性があります。金融機関からは最大で返済額が年収の30%から35%(返済比率)になってもローンも組めることがあります。しかし、返済負担率は25%以下でローンを組むようにすると、将来に必要な費用が増加しても負担は少なく済みます。

まとめ

住宅ローンを無理して組むと生活が苦しくなってしまう可能性も考えられます。住宅ローンについては将来設計も踏まえて綿密な計算のもと検討したいところです。

執筆者:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 快適に暮らすための効果的な照明設置方法

  2. 人気の中庭を作る前に知っておくべき注意点とは

  3. 床暖房のデメリットと「どこまでいれるか」

  4. 不動産会社の提携住宅ローンのメリット・デメリット

  5. 薪を効率的に乾燥させる薪棚のつくり方

  6. 日当たりの悪い部屋を明るい部屋に変える方法

  7. 独立した部屋にする

  8. リフォーム工事完了時の注意点

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP