Loading

緑と光あふれる癒しの空間 サンルームのある家

森林浴という言葉があるように、ひとは自然の息吹を感じることが出来ると心が落ち着き、リラックスできます。毎日の慌ただしい暮らしの中にも、ほっとできる瞬間があるライフスタイルが憧れの方は多いのではないでしょうか。

リビングから続くサンルームには柔らかな太陽の光が降り注ぎ、目線の先には生き生きとした植物がある。爽やかな風が心地よく通り抜けるそんな空間があれば家にいながら自然を感じて暮らすことができます。

サンルームのいいところ

サンルームやガーデンルームというのは、室内以上外部未満といった位置づけで、囲われた屋根のある部分にいながら外を感じることができる空間です。気候の良いお天気のいい日には、サンルームをオープンにしてカフェテラスのような空間を演出できます。

リビングの延長に設置すると、リビング空間が広々とし奥行きが生まれますし、雨水の日は洗濯物を干す場所として活用することもできるため、とても実用的な空間です。ガーデニングを楽しむことで緑が増え、自然を身近に感じることが出来れば、忙しい毎日に安らぎをもらたしてくれるでしょう。

使い方は住人十色

サンルームやガーデンルームではゆっくりと読書を楽しんだり、夜にお酒を飲みながら星を眺めたり。休日には友人を招いてBBQでガーデンアウトドアを楽しむこともできます。ペットのくつろぎスペースにしても良いですし、趣味の部屋として利用してもいいかもしれません。

サンルームやガーデンルームがあると庭との距離も近くなり、花や緑を愛でながら心地よい暮らしを実現することができます。夏のサンルームは高温になりがちですが、シェードをつけたり、断熱仕様のサンルームを使うことで快適な空間を保つことができます。

まとめ

サンルームやガーデンルームは既製のものを取り付けたり、木材で簡易的に作ったりいろいろな方法があります。それぞれのライフスタイルにあったサンルームを作ることができれば、暮らしがより豊かで楽しいものになるのではないでしょうか。

執筆者:y.k

関連記事

  1. 近年話題の「老後破産」を避けるための住宅ローンプランについて

  2. 意外と知らない吹き抜けのメリットとデメリットとは?

  3. 家を小さくしてでも庭を広く取るという選択肢

  4. ガレージのある家〜インナーガレージのメリット・デメリット〜

  5. 新築・リフォーム、住まいの断熱材は何が良い?

  6. 新築を建てる時、リフォームする時、どこに依頼すれば良い?

  7. 参考にしたい住宅ローン利用者の借入額と収入に対する返済比率

  8. 手抜き工事にならないために施主が現場見学でやるべき意外と一番大切なこと

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP