Loading

スマートハウスのデメリットとは?

太陽光発電パネルが屋根に乗った住宅を、よく目にするようになりました。発電した電気をかしこく使う「スマートハウス」が流行っているのです。しかし、忘れてはならないのはスマートハウス=儲かる住宅ではないということ。そんな「甘い言葉」に惑わされてはいけないということです。

そもそもスマートハウスとは

発電するなど電気をうまく活用することと、家電を効率的に運用することで、環境にやさしい生活をおくる……これがスマートハウス本来の考え方です。ですから太陽光発電と蓄電池、家電のコントローラ「HEMS」がそろっていさえすれば、一応のスマートハウスが完成、うまく使えば電気代が節約できることもあるでしょう。しかし、その効果に期待しすぎるのはどうかと思うのです。

スマートハウスに潜む、こんな危険性

なぜなら太陽光発電だけあって、発電能力は自然頼みだから。天気のよい日が続く夏ならば期待通りに発電するかもしれませんが、季節や住宅の立地によっては、思い通りの発電量がが得られるとは限らないのです。

加えて太陽光発電パネルなど、スマートハウスの設備一式をそろえるのは高額なものです。電気代の節約程度で元を取るには、10年単位の期間がかかるでしょう。その長い間には、スマートハウスの設備一式にもメンテナンスも必要となるはず……結果、いつまでたっても元が取れない、こんなことも起こり得ます。

そして発電した電気を、電力会社が高く買ってくれるという売電について。その価格は10年~20年間は保証されるものの、売電相場は下落傾向。家に住み続けている数10年という長い期間にわたって、思い通りの売電価格が続くことに期待してはいけないものです。つまり売電で儲からなくなる可能性もある、にもかかわらず、あたかもあまった電気を売電することで、住宅ローンの負担がゼロになるかのような宣伝をおこなっている住宅メーカーがあるのです。

まとめ

月々の電気代も多少は軽減される見込みはありますし、環境にもやさしいスマートハウスは決して悪いものではありません。しかし思い通りに発電・売電できないケースもあるということや、スマートハウス自体が通常の住宅より割高なものであるということなど、デメリットも充分に理解したうえで、スマートハウスを選ばなければなりません。スマートハウスは、建てさえすればローンの返済が不要になるような夢の住宅ではないということは、しっかり認識しておくべきでしょう。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. モデルハウス見学では現実とのギャップを確認する

  2. 玄関を開けたら室内が丸見え!?扉の開き勝手に注意

  3. 伝統的な外光の取り入れ方、障子

  4. リビング階段のメリットとデメリット

  5. リフォームの種類①

  6. 建築会社によって大きく変わる新築住宅の工期

  7. 住宅ローンの金利以外の賢い選び方!付帯サービスをチェック

  8. 各ハウスメーカーによる住宅展示場の見どころは?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP