Loading

坪単価で住宅メーカーを選ぶとどうなるか

「住宅を建てるのに、坪単価はどうなのか?」非常に気になりますね。ただ、坪単価だけで住宅メーカーを選んだり、予算計画を立てるのはどうかと思ってしまうのです。なぜなら坪単価は非常にあいまいなものだから。その理由を具体的に見ていきましょう。

「坪単価×延べ床面積」では家は建たない

坪単価はメーカー選びの基準になり、家の値段の目安になると思いがちですが、実はそんなに単純なものではありません。なぜなら「延べ床面積」も「住宅本体価格」もメーカーによって、とらえ方がまちまちだからです。

例えば「延べ床面積」、私たちが思い浮かべるのは人が生活できるスペースのはず。しかしメーカーによっては玄関ポーチやバルコニーなど、生活スペース以外も含めて考えているケースもあるのです。

また「住宅本体価格」が何を指すのかも、メーカーによって違っているもの。文字通り住宅だけの価格だったり、照明器具やカーテンも含めていたり、電気やガスを引いてくる価格も含めていたり。

このように、延べ床面積も住宅本体価格もメーカーによって考え方が違うもの。これが、坪単価だけで住宅メーカーを比較することはできない理由。坪単価は実にあてにならないものなのです。

住宅本体価格だけでは家に住めない

そして住宅本体価格だけでは、家は絶対に建たないことも覚えておきましょう。土地の代金はもちろん、各種税金、諸費用、外構、新しい家電や家具も必要なのです。坪単価はあてにならないうえに、それだけ支払っても住める家にはならない。ですから「この坪単価なら、家が建ちそう」という考え方は、大きな間違いなのです。

可能な限り安く見積もった住宅本体価格を、可能な限り広く考えた延べ床面積で割って格安な坪単価でお客さんを呼ぶ。これが、ローコストメーカーが得意とする宣伝手法。これだけで家が建つと考えてしまって、気がついたら非常に高額なローンを組んでいた……こんなことが実際に起こっているのです。

まとめ

せっかくマイホームを手に入れたのに生活が苦しすぎるとか、最悪、家を手放してしまうとか。こんなことになってはどうしようもありません。坪単価は住宅メーカーを選ぶ目安にはなりますが、それは参考程度。坪単価だけに目をつけて住宅メーカーを選ぶのはやめておきましょう。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. 書斎の机の大きさについて

  2. 寝室と家具、置くべきもの置かない方がよいもの

  3. 夫婦と子ども2人で暮らす家の適正な間取り

  4. 漆喰壁の色は選べるの?

  5. 「子ども部屋はいらない」という意見について

  6. フローリングの色選びで注意すること

  7. 暖房に薪ストーブを採用して困ったこと

  8. ころびにくさを追求したヤマハのLMWテクノロジーに注目!

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP