Loading

一室複数灯。あかりがもたらす寛ぎ空間

近年、部屋のあかりはシーリングライト1灯だった昔と違い、ダウンライトを多数配置し、間接照明を入れ、あかりを暮らしのシーンで使い分けるという多灯づかいが主流になってきました。常に部屋全体を明るく煌々と照らすのではなく、例えば食事をするときはダイニングテーブルの上のあかりをメインにしリビングやキッチンは明るさを調節したり、テレビを見るときは壁際の照明を利用し、部屋全体を少し暗めに調節したりするのです。そのようなあかりの調節によって、暮らしのシーン別にリラックスのできる空間をかんたんに演出することができます。

あかりで叶える理想の空間

どんなにオシャレな家具や内装にしても、あかりが一灯のシーリングライトだけでは素敵な空間の演出は完成しません。ダウンライトやペンダント照明、壁際のライン照明やブラケット、スポットライトなど複数の照明器具を使うことで、空間に陰影が生まれインテリアがさらに生える空間つくりをすることができます。

さらにそれらのあかりを暮らしのシーンで使いわけることがポイントです。食事をするとき、テレビをみるとき、勉強をするとき、新聞や本を読むとき。それぞれのシーンであかりのメインを変えれば、ひとつの部屋にたくさんの顔が生まれます。

調光・調色ができるあかりの利用

LEDの照明器具は豊富な種類があり、電気の色も電球色、温白色、昼白色とさまざまです。作業をする手元を照らすのは白いあかりの昼白色、食事のあかりはリラックスできる温白色や電球色などを使用します。

光の色や明るさを変えることができる調色、調光つきの照明器具を選べばさまざまなシーンに対応することができますので、くつろぎやだんらんのあかり、趣味や読書のあかり、シアターのあかりなどと使い分けることで、あかりで暮らしに変化をもたらすことができます。

まとめ

照明器具ひとつで空間をオシャレにしたり、華やかにすることが可能ですし、リラックスするとき、部屋の雰囲気を高めたいなどさまざまな要望を叶えることができます。照明の使い方で暮らしにもたらす満足度は大きくかわってきますので、家のあかりにこだわってみてもいいのではないでしょうか。

執筆:y.k

関連記事

  1. 北面道路の土地で家を建てる際に気を付けるべきポイント

  2. 手抜き工事にならないために施主が現場見学でやるべき意外と一番大切なこと

  3. 住宅ローンの事前(仮)審査と本審査の違い

  4. 階段リフォームの工夫【勾配の見直し編】

  5. 往路ついでにしまえる通路脇収納が便利

  6. カーローンがあると住宅ローンの融資額が数百万円も減額される理由

  7. 収納は「分散型」が上手に片付くポイント

  8. 給湯設備について

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP