Loading

壁の色~青

「寝室の壁の色」というと、多くの人が、落ち着いたグレーやホワイトを思い浮かべるのではないでしょうか。
これは実際に非常によく使われる壁の色であり、また好き嫌いのない色でもあります。部屋の雰囲気もまとまりやすく、おすすめの色でもあります。

しかしそれ以外にも、楽しい色はたくさんあります。
今回はそのなかから、「青色」を選んで解説していきましょう。

青色の壁のもたらす印象とは

青色の壁の「青」は、非常に特徴的な色です。
クールでシャープ、やや冷たい印象をもたらす色であり、部屋の全面をこの色で埋め尽くすのは少々勇気のいる色でもあります。

ただ、青色の壁には、人の心を落ち着かせるという効果があります。感情を鎮静化させ、冷静にさせることに長けた色であり、人の興奮を鎮めてくれる色でもあります。また、時間の流れを遅く感じさせることができる色としても知られています。このため、待合室など、待ち時間が長くなりそうなところにはこの色が使われることもあります。

 

青色の壁と寝室

「心を落ち着かせる」「人の興奮を鎮める」ということから、青色の壁は、意外なほど寝室に向きます。
静かな落ち着いた気分で眠りにつきたい人にとっては、心強い味方となるでしょう。

また、爽やかで爽快な印象をもたらす壁の色でもあるため、すっきりとした目覚めをサポートしてくれるという効果も見込めます。クリアな頭でしっかりと起きたい、という人にもよいでしょう。

ただ、「青色の壁だけで寝室を構成する」というのは、少しためらう人もいるかもしれません。青色の壁というのはどうしても冷たい印象をもたらしてしまうからです。最初に壁全体のクロスを青くしてしまうと、後悔してしまう人もいるでしょう。

これが怖い人は、「青い照明」で壁を青くするとよいでしょう。現在は部屋を青く照らす照明も販売されています。また、もう少し手ごろなところでは、「昼光色」のライトを採用するという手もあります。

 

https://pixabay.com/ja/%E6%B0%B4-%E6%B5%B7-%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%96%E6%B5%B7-%E8%83%8C%E6%99%AF-%E9%9D%92-%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%82%BA-%E6%B3%A2%E7%B4%8B-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E5%B1%8B%E5%A4%96-1330252/

関連記事

  1. リフォームの種類①

  2. 建築家に頼むと時間がかかるって本当なの?

  3. 建築家との家づくりを知りたい。気軽に情報収集する方法は?

  4. 建築家に相談しただけで費用は発生する?

  5. 品質に差が出る「角」の技術を要チェック!

  6. 手抜き工事にならないために施主が現場見学でやるべき意外と一番大切なこと

  7. 耐震性の高い丈夫な家のデザインとは

  8. 基礎パッキン工法のメリットとデメリットについて

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP