Loading

寝室と昼光色

「どのような色の灯りをいれるか」ということも、寝室の照明を考えるときに考慮したいポイントです。
今回は、「昼光色」について見ていきます。

 

昼光色の特徴とは

昼光色は、その特徴として、「発せられる光がやや青白い」という特徴があります。冴え冴えとしたきれいな青白さをまとうのが一番大きな特徴で、部屋をクールでシャープな印象に仕上げることができます。

作業をするスペースによく導入される色であり、手元の作業が必要なところなどにも向いています。

昼光色と寝室の相性

「寝室はリラックスする場所」「ゆっくりくつろぐための場所」「暖かみのある場所」と考えるのであれば、昼光色は、寝室にはやや不向きな照明だと言えるでしょう。
上でも述べたように、昼光色はやや冷たく感じられる色合いであるため、「暖かみ」「柔らかさ」とは対極にある灯りなのです。

ただ、「昼光色は絶対に寝室に入れてはいけない」ということはありません。使い方次第で、昼光色は寝室に向く照明となりうるのです。

昼光色の特徴は、「爽やかさ」「冷たさ」「シャープな印象があること」です。
これを上手に使えば、朝の目覚めが非常に爽やかになるでしょう。すっきりと目覚めることができ、清々しい朝を迎えることができます。

これは特に、「冬場」に効果的です。
冬場は天気が悪く、寝室もどんよりと曇ってしまいがちです。しかし昼光色を使うことで、この「どんより感」を軽減することができ、すっきりとした朝を迎えることができやすくなるわけです。

また、「そもそも、シャープで格好いい寝室を作りたい」と考えている人にとっては、昼光色の都会的な灯りは、非常に使い勝手のよいものとなりうることでしょう。

このように考えれば、昼光色の持つ「冷たさ」「青白さ」というものも、寝室にとってプラスになることが分かります。場合によっては、「季節によって照明を付け替える」というスタイルをとってみてもよいでしょう。

https://pixabay.com/ja/%E5%AF%9D%E5%AE%A4-%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89-%E5%A3%81-%E8%A3%85%E9%A3%BE-%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-416063/

関連記事

  1. 斜線制限について

  2. 中古住宅購入にお得な金利の「フラット35リノベ」の魅力

  3. 植物を取り入れた部屋づくりの方法

  4. 用途地域について

  5. 正しい操作で安全に丸太を作るチェーンソーの使い方

  6. 新建材や新工法には慎重な判断を

  7. 住宅ローン繰り上げ返済の期間短縮型と返済額軽減型の損得比較

  8. 住宅ローンは人生3大支出のバランスをよく検討することが重要

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP