Loading

寝室と間接照明

寝室において、「照明」は非常に重要な意味を持ちます。
これの違いによって、寝室での過ごし方が大きく変わるとさえ言われています。
今回は、そのなかでも「寝室」となじみ深い「間接照明」について見ていきましょう。

 

そもそも間接照明とは何か

「間接照明」という言葉は、よく知られているようでいて、あまり知られていない言葉でもあります。
ここではまず、「間接照明とは何か」ということから話していきましょう。

間接照明とは、「直接的に対象物を照らさず、壁などに光をあてて、壁が反射した光で対象物を照らす照明」のことを言います。

直接的に対象物を照らすわけではありませんから、その光は眩しすぎず、非常に柔らかな風合いを持ち得ます。
穏やかな光をまとうため、目にストレスを与えません。

間接照明と寝室の相性とは

間接照明は、その柔らかさが特徴です。リラックスさせてくれる光としても知られており、私たちに緊張感を与えません。
また、部屋に適度な陰を生み出させることも得意で、どことなくロマンチックな雰囲気を作り出すことも可能です。

間接照明は決して強い光ではないため、ある程度の「暗さ」が求められる寝室においては、理想的な照明のかたちの一つとも言われています。
現在ではこの間接照明を取り入れるホテルも非常に増えてきました。

もっとも、間接照明にもデメリットはあります。
間接照明は直接照明に比べて、部屋が非常に暗くなりがちです。
寝室を「眠るための場所」「リラックス空間」としてとらえているのならばいいのですが、「収納スペースがたくさんあるところ」として位置付けていた場合、この「暗くなること」がデメリットになることもあります。

夜に探し物をするときに手元が暗くなってしまったり、ベッドの下に落としてしまったものがなかなか見つからなかったり……と不都合が出てくる場合もあるのです。
間接照明は寝室と相性のよい照明だと言われていますが、デメリットも知っておかなければなりません。

 

 

https://pixabay.com/ja/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%81%AA%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89-%E5%AF%9D%E5%85%B7-%E6%9E%95-3147893/

関連記事

  1. 求めるポイントで決める「建て替え」と「リフォーム」

  2. リビングダイニングのあかりのテクニック

  3. ペアローンと収入合算による住宅ローン

  4. 玄関にシューズクロークが便利なわけ

  5. 現代に復活するマルチスペース、土間

  6. リフォームで2重窓にしてみよう!!

  7. 建築家に頼むと費用が高くなるって本当なの?

  8. 過疎化対策による住宅ローン金利の優遇策を知っていますか?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP