Loading

狭く寝室を作ることのメリットデメリット

「狭い寝室」はしばしば、非常に強いマイナス印象を抱かせます。しかし狭い寝室も、使い方次第でさまざまなメリットを持ちうるもののになるのです。

 

狭い寝室を作ることのメリット

「寝室は眠るためだけに使っている」
「くつろぐのはいつもリビングだ」
「書斎があるので、子どもに触れられたくない書類などもそこで管理している」という人の場合は、「広い寝室」はそれほど必要性の高いものではありません。ベッドが入るサイズだけがあれば十分だ、とする考えもあります。

また、「寝室が広いとあれやこれやと持ち込み、だらしない生活になってしまいそうで敬遠している」という人も実際にいます。

寝室を狭くした場合、その分のスペースをほかの部屋に割り振ることができます。子ども部屋を広く作ったり、書斎を立派なものにしたり、収納スペースを増やしたり……といったことが自在にできるようになります。寝室に重きを置かない人にとっては、これはかなり大きなメリットだと言えるでしょう。

特に、「寝室とウォークインクローゼットをつなげる」などのような間取りを考えている人にとっては、パワフルな収納力を誇る収納スペースを作ることに役立ちます。
また、寝室を狭く作ることによって、部屋の掃除の手間を軽減することができるようになります。

 

狭い寝室を作ることのデメリット

「広い寝室を作ることのメリット」でも言いましたが、車いす状態などになったときには、ある程度広さがあるスペースでなければ扱いにくいというデメリットがあります。これは「実用性」に大きく関わってくるところですから、ある程度の広さは必要であると言えるでしょう。

もっとも、「車いすが必要になったのならば、ベッドを違う部屋に移せばよい」という考えもあります。実際に自宅で介護をしていたお宅などでもこのようなかたちで運用していたところもありました。

狭い寝室は時に窮屈感をもたらします。
そのため、解放的な寝室、ゆったりとした広々空間などを望む人にとっては、少し扱いにくいでしょう。

 

 

https://pixabay.com/ja/%E6%9E%95-%E5%AF%9D%E5%AE%A4-%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C-%E3%81%93%E3%81%AE%E7%81%AB-1890940/

関連記事

  1. リフォームが得意な建築士とその特徴について

  2. 小さく暮らすがちょうどいい。減築という選択肢

  3. 食洗機、ビルトインと後付けの違い

  4. 憧れのホテルライクな暮らしを叶えるリフォーム

  5. リフォーム工事完了時の注意点

  6. 建築家の設計は意匠、機能的に優れている?

  7. 外観だけではない、スウェーデンハウスの魅力 〜ツーバイフォーの強みとは?

  8. 耐震性の高い丈夫な家のデザインとは

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP