Loading

書斎の必要性

事務仕事をするために使われる「書斎」。
新しい家を建てるときに、この「書斎」を作る必要はあるのでしょうか?

 

書斎のメリットと必要な人

「書斎」は、家で在宅仕事をしている人にとってはほぼ必要不可欠と言えるものです。
子どもの声から離れ、パートナーの声から離れ、仕事に没頭するためのスペースというのはやはりなくては困ることでしょう。特に、「フルタイムでの会社勤めと同じくらいの稼ぎを出している」という専業ワーカーの人は、ぜひ導入したいものです。

それ以外にも、「自分だけの空間が持てる」「子どもが『子ども部屋』を持つように、大人にも大人だけのスペースが必要だ」と考える人もいます。独立した形の書斎の場合、たとえばけんかなどをしたときでも、物理的に離れることができるためクールダウンにも効果的です。

部屋の間取りを考えて作る

ただ、「仕事をするために使う」という以外では、書斎は「絶対必要なもの」というわけではありません。
クールダウンのためならば、たとえば寝室などに行っても良いわけです。

そのため、やはり書斎は、「自分のためだけの空間をつくることができる」という、ある意味では限りなく趣味性の高いものである、と言えるでしょう。特に、人によっては書斎にこもりきりになり、家族とのコミュニケーションに難が出ることもあります。

パートナーが「新しい家に書斎をつくりたい」と言ってきたのならば、「なぜ必要なのか」「どのように運用していくのか」、そして何よりも「どんなかたちの書斎がほしいのか」をしっかりと話し合っていきたいものです。

書斎の場合、「コーナーを区切って使う」「独立した部屋にする」「倉庫スペースなどを書斎にする」といったように、作り方が多岐にわたっています。

仕事で使うならば独立した部屋が求められますし、勉強などをするときだけ使いたいならば倉庫スペース、ある程度コミュニケーションもとりながら書き物をするだけならばコーナーを区切って使う……といったように、目的別で選ぶべき形が異なってきます。

執筆者=鍋谷萌子

【画像引用】

https://pixabay.com/ja/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81-ikea-%E6%A4%85%E5%AD%90-%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%A4%85%E5%AD%90-%E8%A3%85%E9%A3%BE-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-1269222/

関連記事

  1. 魔法瓶のような家をつくる「OMソーラー」

  2. ペニンシュラキッチンのメリットと特徴

  3. 住宅ローンは人生3大支出のバランスをよく検討することが重要

  4. 狭い住宅では玄関ホールをつくらないという選択肢

  5. 家のすべてを支えてくれる基礎の種類とその特徴について

  6. 扉と引戸の特徴を理解して使い分けよう

  7. 職人泣かせな2×4住宅の現実とは

  8. 床高を高く天井を低くし格式の高い和室をつくる

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP