Loading

コンロの数はいくつくらいがいいか

家を決めるときに決めなければいけないことはたくさんあります。
「コンロの数」もそのうちの一つです。
これの目安について見ていきましょう。

生活スタイルにもよるけれど……

生活スタイルにもよりますが、現在は、一戸建ての場合は3つが主流でしょう。ただ、2口を選んだり、それ以上の数を選んだりすることも可能です。
なんと6口ものコンロを要するキッチンワークトップを提供しているブランドもあったほどです。

現在の流れのままに3口のものを選ぶのがよいでしょう。
ただ、「一人暮らしのための部屋だ」「別に一軒家を持っている」というような場合は、2口でも構わないかもしれません。料理の頻度によって選び分けるとよいでしょう。

逆に、「4口以上のコンロ」を必要とするケースはそれほど多くはありません。
基本的には3口もあれば十分です。
相当料理をする家庭の場合は、おせち料理などを作るときだけ4口程度のコンロを必要とするかもしれません。

しかし、ここまでハードに料理を作る家庭の場合、当然にオーブンやレンジ、蒸し器がそろっているでしょうから、実際にはそこまで必要ありません。
また、どうしてもということならば、IHヒーター(1口から買えて、電気式)を後で購入するとよいでしょう。

 

グリルの利用も考えたい

グリルなどを利用すれば、さらに料理の幅は広くなります。
このように考えていけば、コンロの数は4つ以上は「趣味の領域」だと言えるでしょう。

また、「3口めがデッドスペースになる」「結局3口目はロクに使っていない」という家庭も多いため、無理に増やす必要はないと思われます。
ただ、家庭持ちの人の場合は、「3つめの奥のコンロでお湯を沸かしつつ、左側で卵を焼き、右側でソーセージを焼く」などの使い分けができるため、やはり3口はあった方が便利だと思われます。

もっともこれらは、すべて「自分自身の料理スタイル」にあわせて選ぶべきもの。

 

画像

https://pixabay.com/ja/%E9%A3%9F%E5%93%81-%E9%AD%9A-%E9%AD%9A%E3%81%AE%E6%8F%9A%E3%81%92%E7%89%A9-%E8%84%82%E8%82%AA-%E6%B2%B9-%E3%83%92%E3%83%A9%E3%83%A1-%E6%96%B0%E9%AE%AE%E3%81%A7%E3%81%99-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B3-2765938/

関連記事

  1. 無垢材住宅のメリットとデメリット

  2. オシャレな鉄骨階段を取り入れる際に注意すること

  3. 住宅ローンのシミュレーション計算を使うときの間違いやすいポイント

  4. ちょっと変わったコンセントの種類と使い方

  5. 防音・吸音材料について

  6. 住宅ローンは変動金利か固定金利の2択で選ぶのが最善な理由

  7. 住宅購入予算を減額して住宅ローンを減らすノウハウ

  8. 求めるポイントで決める「建て替え」と「リフォーム」

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP