Loading

冬場に家を建築するときの注意点

1年のうち、冬場に家を建てるという場合もあります。しかし、春、夏、秋と違い、冬場は特に注意したいことがあることを御存じでしょうか。ここでは、冬に住宅を建てる際に知っておきたい注意点について紹介していきます。

冬の工事「凍害」に注意が必要

地域にもよりますが、もしも、外気が氷点下以下になるような地域なら、「凍害」について注意が必要です。といいましても、通常は施主が気が付くことではなく、住宅会社、施工業者が気を遣う部分です。

「凍害」を考慮する部分は、「基礎工事」「左官工事」「外構工事」など、コンクリートや左官壁など水を混ぜた材料について、凍害の心配をする必要があります。

基礎工事では、通常、0度でなくともそれに近い温度の時期になれば薬剤での「温度補正」を行います。「温度補正」の他、コンクリートを打設したあとの養生をしっかりすること(霜が降りることもあるため)なども求められます。

また、左官工事も粉の左官材に対して、水をいれて混ぜていますので、温度が低いと「凍害」が起こります。特に、外壁まわりでの左官工事は注意が必要であり、厳密には、氷点下近くでの左官工事はおすすめできません。表面的には見えていなくとも、実は凍害になっている場合もあるためです。

「凍害」にならないための措置

真冬の工事になった場合、「凍害」にならないための措置としてはどのようなことが考えられるでしょうか。

・工期を長めに考える(外回りの左官は春先にする)
・暖房などを準備して施工する
・基礎は補正と強度について対応してもらう
・基礎だけでも早めに施工する

上述の措置は一例ではありますが、真冬の工事については天候が不順であること、日中の明るい時間が短いことなどもあり、夏場に比べ作業効率は落ちることが考えられます。工期をある程度余裕をもって考えておくことは必要です。

また、基礎は寒くなる前に施工する、外壁の左官仕上げ工事は春先の気温を見て施工するなど、確実に温度の高い時期に施工するということで「凍害」のリスクは避けることが出来ます。

積雪地域では、凍害の他に雪害があることもありますので、冬場の工事は現場にも足を運び、疑問があれば住宅会社に相談しながら進めると良いでしょう。

執筆者:GOKURA

関連記事

  1. ツーバイフォー工法のメリットとデメリット

  2. ワークトップの素材~タイル

  3. トイレの床にフローリングはおすすめできない理由

  4. リフォームが得意な建築士とその特徴について

  5. 新築住宅の安売り時期を知れば住宅ローンの負担軽減が可能に!

  6. 中古住宅の住宅ローンは期間や諸費用などは新築住宅と異なる?

  7. 老後の不安を解決!リバースモーゲージは住宅ローンの完済も可能

  8. 女性なら利用したい女性に魅力的な住宅ローン

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP