Loading

知っておくべき人感センサーライトの便利機能

夜に帰宅した時に、ふんわりとした玄関の灯りが迎えてくれると「ホッ」としますよね。暗くなれば自動的に点灯してくれる便利なセンサーライトは、玄関まわりの照明器具の必需品です。そんなセンサーライトにも、様々な便利機能があることを御存じでしょうか。ここでは、人感センサーライトの機能の種類について紹介していきます。

お出迎えと防犯を両立

玄関に使われる人感センサーライトには、暗くなるとほんのり明るくなるマルチタイプのセンサーと、人が近付いたときにだけ明るく点灯するON・OFFタイプ、人が近付いたときだけ「ピカ」と明るくなるフラッシュタイプの、大きく3タイプに分かれます。

時間、点灯の仕方も自由自在なマルチセンサーライト

基本の設定は暗くなると、30%程度の明るさで点灯し待機状態になります。そして人が近付くと100%の明るさで点灯し、人がいなくなるとまた30%の明るさの待機状態になります。(待機の明るさの割合はメーカーによる)

マルチセンサーの特徴は、常にほんの少し明るく点灯している為に、留守の間でも防犯上も安心できること、帰宅した時に、ほんわかと明るいので、気持ちも和やかになることです。通常、マルチセンサーは点灯の時間設定や、待機状態の明るさの調整も自由に出来ますので、暮らし方に合わせて使うことができます。

ON・OFFの使い方で様々な場所にも対応

ON・OFFタイプのセンサーは、暗くなると待機状態になり、人が近付いたときだけ、明るく点灯するタイプです。マルチのように、ほんのり点灯することはなく、待機状態は暗いままです。

使い方としては、駐車場や勝手口など必要な時に明るく点灯するという、シンプルな使い勝手です。

防犯性の高いフラッシュタイプ

フラッシュタイプは、暗くなると待機状態になり、人が近付くと「ピカッ」と一瞬早く点灯します。

使い方としては、勝手口など、明るくなると驚くような場所に向いています。そのため、玄関に使うことはあまりおすすめできません。なぜなら、通行人にも反応する可能性があるため、道路を歩いている人にも驚かせてしまう恐れがあるためです。使う場所、センサーの向きに気を付けて採用すると良いでしょう。

マルチやON・OFFなど、便利な機能がついたセンサーライトも、ダウンライトやスポットなどデザインでもたくさんのバリエーションがあります。自分の暮らし方、建物にマッチした素敵な器具を採用したいですね。

執筆者:GOKURA

 

関連記事

  1. Ⅱ型キッチンのメリットと特徴

  2. 北向きの暗いトイレにはトップライトを設置しよう

  3. ちょっと変わったコンセントの種類と使い方

  4. 東京スター銀行の返済休暇制度は返済が厳しいとき大いに助かる制度

  5. あえて天井を低くし落ち着きのあるダイニングへ

  6. 現代だからこそ感じる木造住宅の魅力

  7. シックハウス症候群には換気で対策する

  8. 家族の時間を楽しむ対面キッチン

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP