Loading

台所の換気について~レンジフード

台所の換気の方法はさまざまですが、そのなかでも中心的なものは「レンジフード」でしょう。レンジフードは、ファンとそれを覆うカバーから成り立っており、ファンの種類、カバーの種類が複数種類あります。

 

ファンによる分類

レンジフードのなかにはファンが入っています。
「シロッコファン」と呼ばれるものは、多くのところでオプションで選べるようににあっているファンです。非常に高い性能を誇り、ほかのファンが働きにくい環境でも効率よく廃棄していくことができます。

「換気扇のファン」と聞いて多くの人が思い浮かべる「プロペラファン」は非常に安く、買い求めやすいのが特徴です。高い階層の部屋ではあまりうまく働けませんが、一般家庭ならばこれで問題ありません。

この2つの中間にあるものが、「ターボファン」と呼ばれる種類のファンです。

 

レンジフードの形による分類

現在は換気扇がむき出しで設置されていることはほとんどありません。
上でも述べたように、「レンジフード」によって覆われていることケースがほとんどです。

「ブーツ型」と呼ばれるものは、下部が壁面から角度を変えて出っ張っています。もっとも一般的なカバーのかたちであり、さまざまな企業がこれを取り扱っています。

逆に、上部がせり出しているのが「ファルコン型」と呼ばれるものです。背の低い人であってもメンテナンスをしやすいのが特徴です。

「フラット型」「スリム型」は、見た目がすっきりとしているのが魅力です。スリム型は平でっぱりがほとんどありません。また、フラット型は平べったいかたちのレンジフードです。これは天井が低いとこにも使われています。

昔は、換気扇の掃除といえば一仕事でしたが、現在は、よりお手入れが簡単であるようにとさまざまな会社が開発を進めてきました。レンジフードもまた、そのような進化によるものです。現在は油汚れがつきにくいレンジフードなども出てきているので、できれば最先端のものを取り入れたいところです。

 

http://キッチン.リフォームナビ.com/seihin/rangefood/
ライター=鍋谷萌子

 

https://pixabay.com/en/exhaust-fan-extraction-ceiling-546946/

関連記事

  1. 太陽光発電による売電で住宅ローンが軽減できる!?

  2. フラットにつながるバリアフリー玄関に一工夫

  3. 浴槽レベルを下げて温泉のような浴室をつくろう

  4. 蓄熱暖房で24時間暖房を実現する

  5. 住宅ローン控除期間中に借り換えたら住宅控除は継続できるの?

  6. アイランド型キッチンのメリットと特徴

  7. トイレの選び方

  8. 建築家に設計依頼して、竣工までの期間どのくらいかかる?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP