Loading

キッチン台の高さとその決め方について

新築物件を建てるのであれば、意識したいのが「キッチン台の高さ」です。
デザイン性などや機能性が重要視されることも多いキッチンですが、「キッチン台の高さ」も非常に重要です。

 

キッチン台の基本の高さについて

キッチン台が、基本的には5センチ刻みで作られています。
80センチ~95センチがもっとも基本の高さであり、この高さのなかから選ぶことになります。

このときの「高さ選び」ですが、これは、自分の身長を2で割って、そこに5センチを足したものが目安です。
身長が160センチの人の場合は85センチということです。

この「高さ」というのは、見た目だけではあまりわかりません。
実際にショールームに行ってみて、自分の手と感覚で確かめるようにしておきたいものです。

 

より細かく考えていく、「高さ」の概念

ショールームで、「自分の背丈にあう高さのキッチン台」に足を運んだとき、多くのケースでは、「低すぎるのではないか」と感じるでしょう。しかし料理をするときというのは、その上にまな板が配置されます。
また、コンロも、ガスコンロの場合はガスコンロ分の高さが追加されます。

「洗い物をしているときに腰が痛くなりやすい」ということであれば、少し高めの高さにしてもよいのですが、そうでない場合は、「心持ち低いかな」という高さが実際の適正値になることが多いと思われます。

「80センチか、それとも85センチか」ということに迷った場合は、85センチにしておいた方がいいかもしれません。
「高いこと」については、キッチンマットやスリッパである程度対応が可能ですが、低いことに関しては対応する手立てがないからです。

また、当然のことですが、キッチン台の高さを決める場合は、「キッチンにいる時間が長い人」を基準に決めるようにしましょう。ほかの家族は少し不便を感じるかもしれませんが、「キッチンで作業することが多い人」が優先です。

 

【参考URL】

http://www.osakagj.com/rblog/?p=1042

 

執筆者=鍋谷萌子

 

https://pixabay.com/en/woman-kitchen-man-everyday-life-1979272/

関連記事

  1. 住宅ローンで借りられる金額をシミュレーションしてくれるサイト

  2. 猫と住むのに最適な住宅デザインの工夫とは

  3. 本を大量に所有しているなら可動式本棚もおすすめ

  4. コンロの数はいくつくらいがいいか

  5. トイレの床にフローリングはおすすめできない理由

  6. 断熱性・気密性に優れた家をつくる住宅メーカーの選び方

  7. 「子ども部屋はいらない」という意見について

  8. 老後の不安を解決!リバースモーゲージは住宅ローンの完済も可能

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP