Loading

アイランド型キッチンのメリットと特徴

アイランド型キッチンのメリットと特徴

アイランド型のキッチンは、非常に特徴的です。ほかのキッチンが、「壁」と接しているのに対して、アイランド型はキッチンが完全に独立しています。部屋のなかにぽっかり浮いた島のようなかたちになっています。

従来型とはまったく異なる、このアイランド型キッチンのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

開放感が出ることが最大のメリット

アイランド型キッチンのもっとも大きなメリットは、「開放感がある」ということです。
キッチンスペースでありながら壁にさえぎられることがないため、閉塞感がまったくありません。

また、どのスペースからでも手を伸ばすことができるため、複数人での調理がやりやすくなるというメリットもあります。片付けをするとき、配膳を行うときも楽に行うことができるため、作業はスムーズに進むでしょう。

自由なデザイン性も相まって、「独自色のあるキッチンを作りたい」「ほかの家とは違うキッチンを作りたい」という人にも非常に人気のスタイルだと言えるでしょう。

 

「部屋の広さ」を意識しなければならない

一方、アイランド型キッチンは、「部屋の広さに非常に影響を受けやすいものである」という点には留意しなければなりません。
「壁に接しない」「部屋の中にぽつんと存在する」というかたちであるため、リビングのかなりのスペースをアイランド型キッチンが占めることになります。

広いリビングならば気になりませんが、それほど広さのないリビングの場合、アイランド型キッチンが邪魔になってしまったり、くつろぎのスペースが圧迫されたりする可能性があります。

加えてこのアイランド型キッチンの場合、常にリビングからの視線が感じられる、というのもデメリットです。360度どの角度からも見られるため、キッチンをきれいに使える人でなければ、運用が難しいと言えるでしょう。
水や油による汚れを防ぐための対策も必要になります。

執筆者=鍋谷萌子

 

 

https://pixabay.com/en/background-frame-food-kitchen-cook-1932466/

関連記事

  1. フラット35・20を組み合わせるダブルフラットは柔軟な返済が可能

  2. 親との同居も安心!高齢者に優しい家づくりをしよう

  3. ペットがいる家庭は特に注意したい床材選び

  4. 手軽で便利!建築家紹介サービスとは?

  5. 子ども部屋とファブリック

  6. 「段差がない」はバリアフリー? 本当の意味でのバリアフリー住宅とは

  7. 住宅の設計を組織設計事務所の建築士に依頼するメリットは?

  8. 畳スペースを上手に間取りに取り入れる方法と使い方

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP