Loading

パントリーを考える~有益な生活スタイル、不要な生活スタイル

「パントリー」といいう単語は、日本においては、一般的に、「食糧庫」「台所と密接な関係があり、台所用品を納めておくための場所」というような理解で使われます。
このパントリーのメリットとデメリットを紹介していきます。

 

パントリーのメリット

パントリーのもっとも大きなメリットは、やはり、「収納箇所が広くなる」ということです。パントリーがあれば、備蓄の食材などをそこに片付けることができるため、非常に便利です。台所にありがちな「ごちゃつき」を避けることもできるため、すっきりと片付いたキッチンを作り上げることができます。

また、パントリーは、「床暖房の制限」を受けません。キッチンにありがちな「底冷え」を避けるために有益な床暖房ですが、床下収納があると、これに制限が出ることになります。しかし、パントリーならば床暖房を台所にまで行きわたらせることができます。

これは、見落とされがちな、しかし非常に大きなメリットです。
「収納場所が欲しいのならば、床下収納で十分だろう」という声に対し、床下収納とパントリーの良さを分けるための基準ともなります。

 

パントリーのデメリット

一方、パントリーのデメリットとしては、「その分のスペースが必要になる」ということです。もちろん土地が広く資金も潤沢であるのならばパントリーをつくることは決して珍しくはありません。ただ、そうではない場合、「パントリーに場所をとられる」ということになりかねません。

また、パントリーの利用頻度は人によって異なります。あまり使わない人、料理をしない人、買いだめをしない人の場合、パントリーがまったくの無用の長物になってしまうこともあります。

加えて、場所や規模、置くものによっては、動線の動きを妨げる原因ともなります。このため、パントリーを入れるのであれば、実際に自分が台所で行き来をして、どのようになるかを想像してみることが非常に大切です。

 

https://www.homify.jp/ideabooks/1040876/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%A7%E4%BD%99%E8%A3%95%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AB%EF%BC%81%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88

https://pixabay.com/ja/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%88%E3%83%BC-416596/

 

執筆者=鍋谷萌子

 

関連記事

  1. 次に買うテントはコレ!膨らませるだけで自立するエアーフレームテントの実力

  2. 雨の日に洗濯物に悩まない方法

  3. 注文住宅の打合せから完成までどのくらいの期間がかかる?

  4. 使い勝手の良いバルコニーを作るために意識すること

  5. 土間玄関のある暮らし

  6. 住宅ローンを金利だけで選ぶと失敗する理由

  7. 金利が変動金利よりも低い当初固定金利の住宅ローンの落とし穴

  8. ロフトは本当に必要?メリットとデメリットを知っておこう

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP