Loading

正しい操作で安全に丸太を作るチェーンソーの使い方

チェーンソーは薪作りの必須アイテムです。使いこなすことができれば便利なことこのうえないですが、危険な道具でもあるので使い方をしっかり覚えることから始めましょう。

チェーンソーを使う前の注意点と準備について

自分で薪作りをする薪ストーブユーザーなら、チェーンソーは必須アイテムです。まず注意したいのは安全管理。疲れているときはもちろんですが、飲酒、動作や判断に影響する薬を飲んでいるときなどの運転は絶対に避けましょう。基本的にチェーンソーには安全装置がついていますが、それを過信してはいけません。刃物が高速で回転しているので、大怪我の原因になり大変危険なのです。基本的な運転方法はどの機種もほとんど同じですが、スイッチ位置などは各メーカーによってそれぞれ異なります。使用前には取り扱い説明書をしっかりと確認するのを忘れてはいけません。もしくは販売店等で受けたレクチャーを忠実に実践しましょう。

玉切りをするためのチェーンソーの使い方

いわゆる薪の状態にするためには丸太を玉切りという状態にしなければなりません。玉切りとは、丸太を短く切りそろえる作業です。地面に転がしたままの丸太は、表面が泥などで汚れています。そのままチェーンソーを使ってしまうと、泥や砂が当たり、すぐに刃が鈍ってしまいます。そうならないように切断する時は丸太の汚れている部分を軽く払ってやるといいでしょう。また、伐採した丸太は地面から山積みにして置いてあることが多く、慣れている人であればそのまま上の段から切断してしまいますが、初心者ならば専用の作業台を用意した方が良いでしょう。

正しい装備で操縦しましょう

チェーンソーを使用するときは、服装にも気をつけたい。チェーンソーは木を切断する道具としては便利ですが、正しい使い方をしなければ危険な道具にもなってしまいます。チェーンソーを操縦する際は、ヘルメット(帽子)、ゴーグル、長袖のシャツ&パンツ、安全靴、チャップスなどの基本的な装備が必要です。キックバックしてチェーンソーが暴れたときに、特に頭や足元をしっかり守っておかなければ危険なので注意しましょう。また、使用前にはまわりに人がいないかどうかもしっかりと確認しましょう。

まとめ

チェーンソーを使えば、面倒な玉切りの作業もあっという間に終わります。実に便利な道具ですが、使い方を誤れば大きな怪我に繋がるので、ルールを守って使うようにしましょう。
執筆者:重松大輔

関連記事

  1. マンションのリフォームでできること

  2. 費用が変わる!?土地を選ぶときには「地盤」も考えよう

  3. マンションリフォーム

  4. 食洗機、ビルトインと後付けの違い

  5. 外壁をタイルにすることのメリットとデメリット

  6. 自然素材の床材について

  7. テクノストラクチャーのメリットとデメリット

  8. 住宅ローンは人生3大支出のバランスをよく検討することが重要

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP