Loading

着なくなった古着を高く買い取ってもらうコツ

ひと昔前に比べて「中古品」という言葉はだいぶ良いイメージになってきましたが、その理由のひとつに中古品の品質が向上したことが挙げられます。特に大型店で販売される中古衣類は一定の清潔さが保たれているので、安心して利用することができるのです。今回は、そんな中古衣類を買い取ってもらう際に気をつけるべきポイントを紹介したいと思います。

汚れや傷みは持ち込む前に修復しておきたい

特にボトムスに関しては股ずれやほつれ、裾の傷みなどが目立つ場合があります。販売コストの側面からも、中古衣類販売店ではそういったものの修復はしないので、状態が悪いものとして販売されます。傷みの状態によっては買い取ってもらええない可能性もあるでしょう。そういった商品は当然買い取り価格も低くなるので、直せる状態のものであれば、あらかじめ修理してから持ち込むのが吉です。

スニーカーやブーツはソールの減り具合に要注意

スニーカーやブーツは、ソールの状態は査定に反映されます。特にブーツに関しては張り替えが必要なほどソールが削れた状態で持ち込む人が多いそうですが、ミッドソールまで削れてしまっている場合は買い取ってもらえない可能性の方が高いそうです。持ち込む際は、削れがミッドソールに達しているかいないかが目安になるでしょう。また、表面の汚れに関しても査定対象になるので、シミ汚れ以外は綺麗に除去してから持ち込むようにしたいですね。ちなみに素人がシミ汚れを綺麗に除去するのは難しいので、無理して落とす必要はないでしょう。

まとめ

不要になった衣類を買い取ってもらうときは、当然なるべく綺麗な状態で持ち込んだ方が査定額は高いです。ただ、修理や洗浄にお金をかけてしまってはせっかく買い取ってもらっても赤字になってしまう可能性も。そうならないためにも着なくなった衣類は、色焼けや傷などがつかないようにしっかり保管して綺麗な状態を保ったうえで買い取ってもらいましょう。
執筆者:重松大輔

関連記事

  1. 階段リフォームの工夫【滑りにくい素材編】

  2. 夫婦と子ども2人で暮らす家の適正な間取り

  3. 「コンストラクションキーシステム」について

  4. 坪単価で住宅メーカーを選ぶとどうなるか

  5. 新しい家の建て方、スケルトンハウスとは?

  6. ハウスメーカーで家を建てるメリットは?

  7. エアコン1台で全館空調は出来る?

  8. リフォームでのショウルーム活用術

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP