Loading

ロフトは本当に必要?メリットとデメリットを知っておこう

平凡な家よりもちょっとお洒落な家を建てたいと思う人がよくロフトをつくりたがりますが、きちんとした目的がなくつくってしまうと結局ほとんど使われないという結果になってしまうものです。ロフトがあると一見おしゃれで子供の遊び場としても良いと思いがちですが、メリットだけでなくデメリットもあることをしっかりと理解しておきましょう。今回そんなロフトの実態について詳しくご紹介します。 

ロフトの定義

ロフトと聞けばほとんどの人はだいたいどのようなものかを想像できると思いますが、建築基準法でも明確にロフトというものが定義されています。建築基準法では「小屋裏物置」と呼ばれるロフトの高さは、1.4m以下にすることで階数として計算されないようになっています。つまりロフトでとれる最大の天井高は1.4mまでということです。この高さを超えてしまうとロフトではなく一つの階になってしまうので、税金面で不利になってしまうので注意が必要です。

また、規制があるのは天井高だけではありません。直下の階の8分の1以下の面積で、はしごが固定されていないという条件のロフトに限り床面積に含めないというルールがあるのです。これらを守らなければ、ロフトのつもりでも法律上はロフト扱いにならず、ロフトをつくる意味が薄れてしまうので注意しましょう。 

ロフトのメリット


ロフトにはメリット・デメリットの両面がありますが、まずはメリットの方からご紹介します。

<収納スペースになる>
単純に小屋裏物置として収納スペースになることがメリットといえます。居住空間としては狭いロフトですが、収納スペースとしてはちょうど良い広さだといえるでしょう。普段あまり使わない季節物や、趣味関連のものを保管しておくのには絶好のスペースとなります。

<子供の遊び場にちょうど良い>
ロフトは天井が低いので、大人の居住空間としては窮屈で頭をぶつけてしまうことも多くなります。しかし子供にとってはちょうど良いサイズのため、子供の遊び場として活用できることはメリットです。秘密基地のような楽しみ方もできるので、小さな男にとっては好奇心をそそる絶好の遊び場となることでしょう。

<部屋を広く見せる効果がある>
ロフトをつくると自然と部屋の天井高が高くなります。天井が高くなると部屋が広く感じられる効果があるため、下から見上げたときも上から見下ろしたときも、空間の開放感を感じることができる部屋となることでしょう。 

ロフトのデメリット


ロフトにはメリットがあればデメリットも存在するので、デメリットもしっかりと理解しておきましょう。デメリットを理解したうえで、それでも必要と感じる場合にロフトをつくると良いでしょう。

<エアコンの効きが悪くなる>
ロフトをつくることで天井が高くなりますが、その分空間が広くなるので熱効率は確実に悪くなります。エアコンの効きが悪くなり、その分電気代も多くかかることを覚悟しておかなければなりません。一概には言えませんが、夏は暑く冬は寒い部屋となってしまう可能性が高いので、高性能なサーキュレーターを使用するなど少しでもエアコンの効きをよくする工夫が必要となります。

<使うのが面倒>
最初のころは嬉しくて頻繁にロフトを使用するのですが、時がたつに連れはしごの出し入れや上り降りが面倒になり、ほとんど使わなくなってしまうという可能性があります。特に収納として使う場合は軽くて小さなものだといいのですが、大きなものや重いものはロフトには収納しなくなります。それどころか、次にいつ使用するのかわからないようなものばかりを収納するようになり、ロフトじゃなくてもいいのではないかと思うような、「使い勝手の悪い倉庫」のような存在になってしまうことも十分に考えられます。そうなってしまってはロフトの意味がなくなってしまうということも理解しておきましょう。

<掃除が面倒>
ロフトの欠点として、掃除のしにくさも挙げられます。ロフトはホコリが溜まりやすい場所ですが、はしごを上って掃除をしなければならないので、お世辞にも掃除がしやすい場所だとはいえません。掃除機を持って上がるのは大変ですし、拭き掃除するにも狭い場所なので体勢が辛くなります。若いうちはまだ体力があるのでいいですが、歳を取るごとに大変さが増していくので覚悟が必要です。しかしほこりが溜まると健康にも害が出てくるので、なるべくほこりを溜めず定期的な掃除を心掛けましょう。 

目的意識を持ってつくろう

ロフトにはメリットがある反面、厄介なデメリットがあることも理解し、それでも「このために使いたい」という明確な目的がある場合にのみつくることをおすすめします。軽い気持ちでつくってしまうと後悔することも多い場所なので、デメリットとうまく付き合っていける自信があるなら設計に取り入れてみましょう。ロフトをつくるのであれば、なるべく上り降りが楽なタイプのはしごにすることで、面倒に思うことなく長く使い続けられるのでおすすめです。 

まとめ

デメリットもあるロフトではありますが、やはり多くの人が憧れる存在であり子供にとっては非常にワクワクする遊び場であることは間違いありません。そんなロフトだからこそせっかくつくっても使わなくなるともったいないので、つくるのであれば最大限有効活用できるような使い方をするようにしましょう。収納スペースや趣味の場として活用すれば非常に便利な場所となるので、是非お洒落に使いこなせるように工夫してみてください。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 家を建てるなら知っておきたい、日本の有名建築家

  2. 住宅購入予算を減額して住宅ローンを減らすノウハウ

  3. 都市に建てる住宅、「箱の家シリーズ」とは?

  4. 建築家との家造りを途中でやめたらどうなる?

  5. 親の土地に住宅を建てるときに住宅ローンは借りられる?

  6. 木造住宅には国産の木を使いたい理由

  7. ちょっと変わったコンセントの種類と使い方

  8. 老後の不安を解決!リバースモーゲージは住宅ローンの完済も可能

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP