Loading

自宅でもアウトドアでも大活躍! スキレットの魅力とは?

夏真っ盛りのアウトドアシーズンですが、アウトドアといえば、ワイルドな男の料理が付き物です。その際に非常に便利な調理器具が鉄のフライパン、スキレットです。今回はこのスキレットの魅力について紹介したいと思います。

大事に使えば、長期間使用できるだけでなく、自分色に育てることができる

鉄でできた調理器具であるスキレットは、テフロンコーティングなどが施されておらず、鉄そのものの特性を生かして料理をおいしくつくることができます。さらにそのボディは使うごとに味が出て、長い年月をかけて、その人専用の調理器具となるのです。大事に使うという条件付きではありますが、しっかり手入れをすれば、自分色に染める、育てる調理器具でもあると実感できます。

焼く、蒸す、燻す、煮る、揚げると一台何役もこなす万能調理器具

スキレットは、その見た目から一般的なフライパンとしての用途のみで考えてしまいがちですが、実はいろいろな料理に使用できるのも魅力のひとつです。焼く、蒸す、燻す、煮る、揚げるといった様々な料理に対応してくれます。ちなみに、これらすべての料理をまかなうためには、別売りのスキレットカバー(蓋)が必要です。スキレット同様鉄でできている蓋で、2つのツールの相乗効果により、料理の幅は広がり、さらにおいしくなるのです。

なぜスキレットだとおいしく料理ができるの?

スキレットの素材である鉄は、鋳鉄(キャストアイアン)という金属を溶製したものです。一般的なフライパンに比べて厚みがあり、食材をムラなくじっくり温められるため、おいしく調理することが可能なのです。蓄熱性も高く、本体の温度はすぐには下がらないので、弱火でじっくりと料理をつくることもできます。ちなみに、スキレットカバーを併用すれば調理面に強い圧力をかけられるので、硬い食材でも柔らかく調理できるのです。これにより、煮込みや蒸し焼き、無水、無油料理など、一見難しそうに見える料理でも簡単にできるでしょう。

まとめ

頑丈なうえ、おいしく簡単に料理ができるスキレットは、アウトドアだけでなく自宅でも万能調理器具として活躍してくれます。ただ、一般的なフライパンに比べて多少のメンテナンスが必要だということも知っておきましょう。使用後は洗剤を使わずに洗浄し、その後はしっかり乾燥させてから植物油を全体的に薄く塗ります。風通しの良い場所に置き、サビるのを防ぎましょう。このように多少手間はかかりますが、大事に使えば一生モノの調理器具として自分だけの道具に育ってくれるはずです。
執筆者:重松大輔

関連記事

  1. 狭く寝室を作ることのメリットデメリット

  2. 住宅ローンの審査が不安、複数の銀行に審査依頼する問題点?

  3. カーテンの素材

  4. 建築家との家造りを途中でやめたらどうなる?

  5. 自然素材の床材について

  6. 建築家に頼むと奇抜な建物にされないの?

  7. リフォームで2重窓にしてみよう!!

  8. 積雪地で気を付けるべき屋根の形状

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP