Loading

DIYにおすすめ!プロじゃなくても扱いやすい木材とは

普段の生活の中で、「ここにこれくらいの高さの棚があったらいいのになぁ」などと思うこともあるのではないでしょうか。それは賃貸アパートでもマイホームでも共通する悩みです。家具屋さんなどを見に行っても、なかなか理想通りの家具が見つからないなんてこともあると思います。そんなときにおすすめなのがDIYで自ら作ってしまうという方法です。近年DIYはブームになっていることもありハードルもどんどん下がってきていますが、使用する木材の種類など素人には違いがわかりにくいことが多いのも事実です。今回はそんなDIY初心者の方向けに、プロじゃなくても扱いやすい木材をご紹介していきます! 

DIYで扱いやすい木材のサイズ

DIYで使用されることの多い木材のサイズは、「1×材(ワンバイ材)」や「2×材(ツーバイ材))」がメインとなります。これらはアメリカの規格なので聞きなれない人も多いと思いますが、日本では「mm(ミリ)」で表されるサイズがアメリカでは「インチ」となる違いです。その中でも「2×4(ツーバイフォー)」は強度もあり大きすぎないので、DIYで重宝されているだけでなく、「2×4住宅」でもメインの木材として使用されています。

計算上は「1インチ=25.4mm」ですが、実際は木の乾燥や表面加工によって少し小さくなっています。ホームセンターで売っている規格では「2×4=38mm×89mm」というサイズになるので注意が必要です。

強度が必要な部分にはツーバイ材がおすすめですが、強度は求めない部分であったり、小物を作りたいときなどにはワンバイ材が薄くて扱いやすいのでおすすめです。ワンバイ材では「1×4」「1×6」「1×8」がよく使用されるサイズとなります。 

針葉樹と広葉樹


ホームセンターに木材を見に行くと、多くの木材が販売されていることに驚くと思います。その中でも木材は針葉樹と広葉樹に分けられますが、基本的にホームセンターでは針葉樹が多く取り扱われています。それは広葉樹は加工が難しい木材が多いことから業務用という意味合いが強いからで、ホームセンターに木材を調達しにくる一般の人には針葉樹の方が圧倒的に向いているからなのです。DIYにももちろん針葉樹が向いているので、これから紹介する木材もこの針葉樹の木材となります。 

DIYの王道「SPF」

DIYで最もよく使用されている木材は「SPF材」という種類の木材です。SPFと聞いても多くの人は何のことだかわからないと思いますが、SPFとは「S(スプルス=トウヒ)P(パイン=マツ)F(ファー=モミの木)」というそれぞれの木材の頭文字を取って付けられた名称です。複数の種類の樹が含まれている混合材という扱いで、主な産地は北米やカナダとなります。

柔らかくて加工がしやすく、1×4材の長さ1820mmでも200円程度の安価で購入することができるので、DIYでは人気の木材となっています。軽くて扱いやすいので、ちょっとした棚程度であれば十分に活躍してくれます。 

白さが綺麗な「ホワイトウッド」

ホワイトウッドはその名の通り全体が白っぽく、節が小さいことが特徴の木材です。樹の種類としては「欧州トウヒ」や「欧州スプルース」など、白木針葉樹となります。ピアノの音響版や、ギター・バイオリンといった弦楽器の表板としても重宝されている木材です。

一見SPFとも似ていますが、耐久性ではSPFに劣ります。ただ、塗装をしなくてもそのままで十分綺麗な見た目なため、ちょっとした家具のDIYで使用するには非常に好まれている木材です。加工性も高く非常に安価で手に入れることができるので、SPF材と並びDIYでは欠かせない木材だといえます。ただし、やや腐りやすい種類の木材なので水周りに使用することはおすすめできません。 

赤みが特徴の「ウエスタンレッドシダー」

ウエスタンレッドシダーという木材もDIYにはおすすめの木材です。聞きなれない名前ですが、実はヒノキ科の木材に分類されます。色は赤みがかった濃い茶色で、腐りにくく加工性が高い木材として人気です。節が少ないのでインテリアとしては使いやすく、加工時も気を遣わなくていいので使い勝手の良い木材だといえます。ウッドデッキによく使われる木材としても有名です。

SPF材やホワイトウッドと比べると少し価格が高くなりますが、柔らかいので釘打ちをしても割れにくいなどメリットも多く、特徴的な色合いが家具のアクセントとしても使えるのでおすすめのDIY木材の一つです。 

まとめ

DIYでは今回ご紹介したような木材が扱いやすく安価で手に入ることから非常に人気となっています。しかしこれらの木材でなければならないというわけではないので、慣れてきたらホームセンターでいろいろと木材を見て回って、気に入ったものがあれば積極的に使ってみてください。木材はそれぞれに個性があり、一見似たような木でも特徴はまったく違ったりするので、そういったことも楽しみながら木材選びができるといいですね。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 心地よく暮らすための照明テクニック

  2. リフォームの種類②

  3. 天井を高くして梁を見せるリフォーム

  4. 植物を取り入れた部屋づくりの方法

  5. ガレージのある家〜インナーガレージのメリット・デメリット〜

  6. 憧れのホテルライクな暮らしを叶えるリフォーム

  7. 小さく暮らすがちょうどいい。減築という選択肢

  8. カーテンの素材

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP